『部落』に生まれ、母子家庭で育ったから知ったお金の大切さや稼ぎ方

スポンサードリンク

お金 金

photo by 401(K) 2013

私の家は母子家庭なので、とても貧乏な暮らしをしていました。

父は一応、地主の息子なのでお金持ちだったのですが私が2歳の頃に離婚しているので恩恵を受けることはありませんでした。

私の住んでいる地域は、山の上と山の下に住居が分かれており、山の上には富裕層の住む住宅街、山の下は「部落」と呼ばれる、士農工商制度のあった時代の「えた・ひにん」を先祖とする人たち、その差別など国の扱いから貧乏な暮らしを強いられてきた、貧乏人の住む地域でした。百姓なので、土地だけは沢山持っていたので、私の父方の祖父は地主なわけです。

私はその山の下、「部落」と呼ばれる地域で生まれ育ちました。

私の母はそんな地域が嫌で、離婚後、父方の祖父母に預けられていた(というより、離婚調停が終わるまでの人質)私を迎えにきました。

最初は小さなアパートでしたが、「山の上」の人たちの通う学校に通える地域に引っ越すことが出来ました。

そんな家庭環境で育ったからなのか、ペンの持ち方も箸の持ち方も分からず、その学校では浮いた存在でした。学力も周りより劣っていました。

そんな中、唯一、数字の計算だけは得意でした。

貧乏な家庭に育ったからなのか、3歳児の頃くらいからお金が人間にどういった影響を与えているのか、なんとなく分かっていたのと、単純にお金を数えるのが好きでした。とはいえ、小銭しか持っていなかったのですが。

そんな私は、ゲームセンターのコインゲームが大好きでした。コインが増えるとお金が増えたような気持ちになっていて、持って帰ってはいけないと決まっていたゲームセンターのコインを持って帰って貯めるのが大好きでした。

私が小学校6年生の頃、地元のゲームセンターのコインゲーム大会で無敗の10連覇を達成して、コインゲームの王者として地元のゲームセンター内で有名になりました。しかし、当時のゲームセンターは不良の溜まり場、という印象が強く、学校側からもあまり良い目で見られなかった為、預けていたコインは数千枚にも及んだのですが(半年引き出さないと没収される)ゲームセンターには通わなくなりました。

私は、お金を稼ぐことにも昔から興味がありました。

・たまごっち・デジモンの転売

・トレーディングカードの転売

・廃品回収で出された漫画を古本屋に売却

・ゲームセンターのコインをゲームセンターの貸出よりお得な条件で売却

色々と試行錯誤をしてお金を稼ぐ方法を実行していました。

高校生になる頃、母子家庭だったにも関わらず母は私を私立の進学校に通わせてくれました。当時、私は荒れていて窓ガラスを素手で殴り割ったり、家出をして、国立高校や公立高校に落ちてしまったので、私立の進学校に通うことになりました。

学校に通っても意味がない、と思っていた私は高校に進学しない予定でしたが、母に無理やり入学されられたのですが……。

そんな高校なので、アルバイトは禁止でした。しかし家が貧乏な為、小遣いが少なかったのと、周りがお金持ちばかりだったので金銭面で劣等感を感じていて、学校に内緒でアルバイトをしていました。

でも、勉強自体は嫌いではなかったので、この頃には勉強もしっかりとやっていて、成績は良い方でした。英語で学年トップを取ったこともあります。

しかし、そんな高校も2年生になる頃には中退。ですが、高校は卒業するべきだとその頃には思うようになっていたので、通信制の高校に編入しました。

バイト先はガソリンスタンドだったのですが、販売業です。私はフルタイムでアルバイトをしながら、土日に学校という形だったので、正社員と同じ仕事をしていました。当然、ノルマもあります。

この頃、アルバイト先の店長から、簡単な財務諸表の読み方や粗利益、純利益、原価などの言葉の意味や、利益のあげ方を教えて貰いました。

そして、私はアルバイト売り上げランキング九州地区2位、という成績を17歳にして達成しました。

周りのガソリンスタンドからの勧誘もあったり、高校を卒業したら正社員にならないか、という話もありましたが、私は一生をガソリンスタンドで過ごす気はありませんでした。

一発当てれば大金が入る。

そんな甘い考えから芸能界にも足を突っ込みましたが、全く売れず、レッスン費用などに払ったお金の方が多くなりました。しかし、良い人生勉強にはなったと思っています。

そんな私は、当時はまだiモードなどが全盛期だった携帯電話サービスの時代に、インターネットと携帯電話を結びつけるサービスが儲かるようになる、と考えていました。SOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)という言葉が流行りだしたのもこの頃。自宅を事務所とする個人事業主のことで、今では一般的になっていますが、当時はまだまだ発展途上。今で言う「ノマド(スターバックスなどのwifi環境の整った場所を転々としながら、パソコンで仕事をする形態)」のような存在です。しかし、私は漠然とそんな生活に憧れを抱いていました。

その頃から、少しづつ個人事業の開業の仕方や、インターネットビジネス(主にアフィリエイト)の勉強をするようになりました。

そんな矢先、私は「1級身体障害者」になってしまいました。

3年間、半寝たきり状態で過ごしていたのですが、少しでも家にお金を入れなければいけない、という思いから、障害者年金は全額家に入れて、インターネットの収入のみで生活をしていました。実家だから、なんとかなるレベルの金額でしたが。

途中、パチスロで月に50万円ほど稼いで、それのみで生活をしている時期もありました。もう二度と、戻りたくない世界ですが。(※犯罪行為はしていません。)

そのお金を元に、パソコンの学校に通って、ホームページの作り方などを本格的に勉強し始めました。しかし、学校がぼったくり会社・運営だった為、大した知識を得ることが出来ず。ほぼ、独学という形でした。

そして、その知識を元に、大手IT企業に就職しました。

それが、23歳頃までの私の人生です。

スポンサードリンク

最後に

今でも、お金で全てが手に入る、とは思っていませんが、お金が人を幸せにする為のツールとして必要だと思っています。

その先の人生については、いずれ、この記事の反響が大きければ書きたいと思います。

長々と、私の拙い人生について拝読していただき、ありがとうございました。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です