ドラマ『GTO』に出てきたADHDという『発達障害』について――現実はあんなもんじゃない!!

スポンサードリンク

GTO

ネット上で知り合った子から、今日のGTOは絶対に見て欲しいと言われていた意味が、ドラマ『GTO』を観て分りました。

私自身が障害者である為、私の周りには障害者は凄く多いです。当然、発達障害を抱えた奴もいます。家庭教師として教えてきた生徒の多くは、恐らく何らかの発達障害を抱えていただろう、とその生徒の行動からも推測が出来ていました。

まず、ドラマ中に出てきたADHD(注意欠陥性多動性障害)について。まず、wikipediaからの引用で申し訳ないが、こういうものだという理解が欲しいので、ここに引用いたします。

注意力を維持しにくい、時間感覚がずれている、様々な情報をまとめることが苦手などの特徴がある。日常生活に大きな支障をもたらすが適切な治療と環境を整えることによって症状を緩和することも可能である。脳障害の側面が強いとされ、しつけや本人の努力だけで症状などに対処するのは困難であることが多い。

注意欠陥・多動性障害 – Wikipedia

実際に私が家庭教師としてみていた生徒で、このADHDであろう症状の見て取れた生徒が何人もいました。

しかしながら、ドラマGTOではあまりADHDについての表現が上手くなかった。視聴者や教育委員会からのクレームに配慮してなのか、表現が優しすぎて正直

「こんなのADHDじゃねえ……。」

感が物凄く強かったというのが私の感想です。

ドラマの中に出てこなかった表現の中で、一番に個人的に描いて欲しかった部分は

・人の言葉の裏を読むことが出来ない(空気が読めない)

・話が噛み合わない

という2点です。

まず、「人の言葉の裏を読むことが出来ない」という点ですが、人の言葉を何でもかんでもストレートに受け取ってしまいます。

例えば、勉強を何時間も毎日、真面目にやっている子でも、

「俺(私)全然、勉強してな~い」

というような言葉を謙遜して話す子もいますよね? しかしADHDの子はこれを本当に勉強をしていない、と受け取ります。

その話から発展して、

「もっとちゃんと勉強しないとダメだよ!!」

という説教が、テストの結果すら見ていない状態で始まったりします。

悪い大人に騙されやすい子も多いのが現実です。人の言葉を何でも信じてしまうので。

「話が噛み合わない」のも、人の言葉の裏を読むことが出来ないという点からそのようになります。冗談も通じません。

例えば私が、

「俺は社会のゴミと世の中では言われてるんだぜwwwwww」

みたいなことを言うと、本気で心配されます。だいちゃん(先生)はゴミじゃないよ!! と言ってくれる子はまだマシです。、

「だいちゃん(先生)は社会のどんなゴミなの?」

という返答が返ってきたりします。ここは「社会の粗大ゴミ」とでも答えておくべきだったのかもしれません。

その他にも、ADHDなどの発達障害を抱えている子は、二次障害として「統合失調症」や「鬱病」、「躁うつ病」などの精神障害を抱えている子もいます。その為、虚言癖は妄想癖が激しく、話が噛み合いません。

勉強が苦手なはずなのに突然、

「東京大学に行く」

と言い出す子もいます。そこから本当に勉強をして目指すのならまだ理解出来るのですが、所詮妄想や虚言なので、全く実行に移しません。

奥さん(旦那)や子供がいるにも関わらず、

「芸能界を目指す」

と言い出し、仕事を辞めるなど、周りをとにかく振り回すのが特徴です。

現実世界で上手くいかずに、インターネットやアイドル、アニメなどにハマる子も、ADHDの子には多いです。

健常者ばかりの普通の仕事場で上手くいかずに、ホストやキャバ嬢などの世界に憧れ、その道を進もうとする子もいました。実際、夜の世界には発達障害の子は多いと思います。

とにかく、夢ばかりみて実行に移さないドリーマーは、発達障害を疑ってみたほうがいいかもしれません。

治療法などは現在、確立されておらず、抗うつ剤などで症状を抑えることしか出来ていない、というようなことを発達障害を抱えた当事者から聞いています。

学力に関しても、落ち着きがなく集中力が無いという症状がある為に、一般的な子より学校での勉強は出来ない子が多いです。しかし、好きなことに関してはものすごい記憶力を発揮したりするので、芸術家向きなのかもしれません。正直、その子がADHDでどの子がアスペルガーなのか、発達障害の細かい違いが私には全くわかりません。

健常者の精神疾患との区別も分かりません。

そう考えると、

「~障害」

となんでもかんでも名づけてしまうのは、差別を生むだけではないのか、と私は考えています。

手が無かろうがが足が無かろうが、耳が聞こえなかろうが、目が見えなかろうが、集中力が無かろうが、心臓が悪かろうが、腎臓が悪かろうが、精神病んでいようが、

それを含めて「個性」であり「人間」なのではないでしょうか?

ただ、ドラマの中で、

「発達障害は他の障害者とは違う」

というようなセリフもありました。逆に「障害」だと認めないということが、障害者を差別してるよなぁ、とも感じました。

例え「障害者」という肩書きがついても、そいつはそいつだろ? 他の何者でもない。

最後に

そりゃ、私だって巻き込まれたことは沢山ありますよ。

家庭教師の時間になっても家に帰ってこなかった為に学校全体の先生が探し回る場面に出くわしたり、授業の時間にずっと妙なテンションのまま、的外れな質問ばかりして授業のならない子、運動が苦手なのにスーパーの店長をやりながら警察官になる、など訳の分からない夢を語られたり(冗談で言っているわけではないらしい。)

暴力沙汰を起こす奴も見てきました。

もう関わりたくない、と思う奴もそりゃいます。それでも、彼ら(彼女ら)も同じ人間です。差別していい対象ではない。

あまりまとまりの無い文章になってしまいましたが、私の方からは以上です。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム
ブログ運営についてや、私の恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

スポンサードリンク


だいちゃん(∀)の新しいYouTube動画です!




10万文字越えの超大作電子書籍!
1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入前にはこちらの注意点をまずご覧下さい。
『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!





おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク