サンリオの人気キャラ『キティちゃん』の腎臓がとうとう公開される!!

キティ 腎臓

スポンサーリンク

キティ 腎臓

私は腎臓障害なのに、焼き鳥屋では内蔵ばっかり食っています。東京グールならぬ、北九グールですね!

どうも、だいちゃん(∀)です。

なんでもかんでもコラボレートすることで有名な、サンリオのキャラクターが、何を血迷ったのか「腎臓」とコラボレートしてしまった! と、ネット上で話題です。

Hello Kittyではなく、Hello Kidney(腎臓)wwwwww 無茶なコラボすぎるだろwwwwww

しかし、考え方を変えてみると、キティちゃんが腎臓移植を呼びかけているともとれます。なんて福祉派なキャラクターなんだキティちゃん。尊敬するぜ!

さあ、画面のみんなもキティちゃんを見習って、Let’s 臓器提供の意思表示だ!

スポンサーリンク


最後に

この機会に意思表示! 臓器なんて火葬されてしまったらどうせ、跡形もなくなってしまう。それなら、誰かの身体の一部にでもなったほうが、完全ではないにしろ、人の身体の一部として生きていくことが出来る。

何故、臓器提供を拒むのか。 それで、救われる命があるというのに。

アメリカでは人工透析の技術が発達していないのと、食生活が乱れているので、腎不全から人工透析導入になる人が多い。だから、臓器移植というものに抵抗のない国だ。 日本は古き、宗教的な考え方が残っているのと、自分の子供の身体を死んでからも傷づけたくない、というキモチがあるのだろう。 しかし、その「キモチ」で、目の前の助かるはずの人間を見殺しにしてもいいのか? どうせ、火葬されてなくなってしまうものを、必要としている人に渡すだけで、一つの命が助かり、火葬で完全にこの世から消え去ってしまうはずだった肉体の一部も他人の身体の中で生き続ける。 これほど、WIN-WINな関係もなかなかないと思うのだが、日本の固定観念、宗教観、古い倫理観がそれを邪魔している。

キティちゃんも腎臓コスプレをやって臓器移植の大切さをアピールしているんだ。みなさんも、 少しは臓器移植について、もっと前向きに考えてみてはいかがでしょうか?

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

uwasanoaitsu

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です