障害者・高齢者優先席に座っている人の前で障害者手帳を出してみた

障害者優先席

スポンサードリンク

障害者優先席

身体障害者ですがお年寄りには席を譲ります。

どうも、だいちゃん(∀)です。

あまりにも障害者・高齢者優先席が空いていないことが多いのでちょっとした実験を行ってみました。

明らかに健常者な女子大生くらいのガキの集団が大きな声で、電車の中で話していたのにも腹が立ったということもあり、注意をしました。

私「電車の中ではもう少し静かにしてくれないか。マナー違反だろ。あと、そこ高齢者や障害者用の席だろ。さっさとどけ。」

ガキ「は? ここ”優先席”だし!! 障害者とか乗ってないし。おっさん、ウザイんですけど。」

ちなみに、高齢者も乗っていたのですがそのことはスルーするき満々なようです。

そこで私は、目の前で自分の持っている障害者手帳をわざとに足元に落としてみました。

私「おっと、手が滑った! 障害者手帳が落ちてしまったな~。あれ? 障害者が乗ってないとか君たち言ってなかったっけ? どこからそう判断したの? 見た目に分からない障害者も世の中にはいるのに、君たちはエスパーなの?」

ガキ「……。」

ちょっと嫌な顔をしながらも、優先席をどいてくれました。

スポンサードリンク

優先席でも健常者は座るべきではない

「優先席」は、あくまで”優先席”なので高齢者や障害者が周りにいない場合には座ってもいい、と勘違いしている人が世の中には多いです。しかし、高齢者は見た目に分かりますが障害者は見た目には分からない人も多い。

そういった理由から、例え名前が「優先席」となっていても、健常者は体調の悪い人以外は座るべきではないのです。

しかし、地域によるとは思いますが、他県に住んでいる人から話を聞いても、優先席に明らかに健常者な人たちが堂々と座っている、という話をよく耳にします。

障害者・高齢者優先の駐車場にしてもそうです。共用の駐車場が空いていない場合、明らかに健常者だろ、という人たちが駐車していて車を停めることが出来ない、という場面に私はよく出くわします。

健常者は優先駐車場には車を停めるべきではない。

もう少し、障害者や高齢者のことを考えてあげませんか?

最後に

透析患者などは見た目には分からない、しかし人工透析後には立っていることすら困難なくらい体調が悪くなっています。

そんな時に障害者・高齢者優先席しか空いていなくて座っていたら嫌な目で見られた、という透析患者や心臓などの「内部障害者」の話を聞くことがよくあります。

そういった理由から、内部障害の方は優先席には座らない、という人も多いのです。

しかし、(一部の)健常者は周りの目を気にせずに堂々と、座る必要もないくらい元気なのに優先席に座っています。

そういうの、もう辞めにしませんか? もう少し、障害者や高齢者のことを考えてあげて下さい。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

5 件のコメント

  • 初めまして。
    ブログ見ました。
    昨日、始めてバスに乗って病院に行く事になった。悲しい思い出をしたので吐き出したくなりました。
    バスは激混みでした。
    マジですか?右半身不自由な私の体、目が見えているならば分かるでしょ。
    仕方なく立った。
    左腕にバッグを下げ、つり革を掴んで乗ったが、揺られるたびにバランス崩しまくり。
    そりゃそうさ。片足で立ってるようなもんだから。
    ま、立ってるのが辛くなったら誰かに席を譲って貰おうとしたが。そんな私の考えを察しのか、周りの方々、イヤフォンしたり、寝たふりしたり…。
    障害者カードを首から下げてても見てないし。
    目的地のアナウンスが流れたが、左手はつり革を離せないし、[止まります]のボタンを押すのは障害の右手しかない。
    上がらない右腕を激痛こらえ、[苦痛のうめき声を上げながら]バスのボタンを押したわ。
    精神的にもバスも、乗りきってやった!!

  • >>クミさん
    初めまして^^ それは辛い思いをしましたね。高齢者に席を譲る人も最近は減ってきていますね。障害者だともっと譲ってもらえる可能性は減ります。現代人は心に余裕が無いのか・・・・・・。
    中には、積極的に席を譲るようにしているような心の優しい人もいるのですが、そういう人が乗っていなかったんでしょうね><

  • 障害持ったのはあなたの運命です。
    残念ですがあなたの思った通りに世の中は動きません。
    あなたのような心の歪んだ障害者はこの先も多くの健常者を敵にまわすでしょう。
    表情にも性格の悪さが出てるでしょうね

  • はじめまして!世の中思った通りにはいきません!
    健常者に障害者の気持ちをわかってもらうのは無理です(笑)
    心を強く持って頑張りましょう。
    自分に言い聞かせてます(笑)

  • 優先席に健常者風の人が座っていたとして、もしかしたらその人も精神障害者かもしれませんよ
    優先席なんてシステムがそもそもおかしいし、見えない障害を持っている人が見える障害を持っている人に比べて安易な扱いを受けるのは当然なんですよね
    私も大学生ですが、統合失調症を患っています

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です