男の夢をぶち壊し! 若い看護師の『天使』率は低い

スポンサードリンク

看護師 ナース 白衣の天使

photo by kenleewrites

よく天使のような男だと言われます。あ、堕天使の間違いでした!

どうも、だいちゃん(∀)です。

週に3日は病院に通っていて、病人歴十数年になる私が『看護師』について、独断と偏見で書いていきます。

「白衣の天使」などと呼ばれることもある看護師という職業。肉体労働に加え医療知識も必要な大変な仕事だと思います。本当にいつもご苦労様です。

男は若い看護師が好きです。入院している時などは、楽しみといえば若い看護師と会話をすることくらいしかないので尚更です。

そして、入院している時というのは、病気の治療などで精神的にボロボロ。そんな時に優しく接してくれる看護師はまさに「天使」のように見えます。

しかし、ちょっと待った!

患者には優しい看護師ですが、医療という仕事は肉体的にも精神的にもハードな仕事です。それ故、看護師は気の強い方が多い。中には、患者には優しいのに後輩の看護師や医療事務員、医師などに対してはすぐにキレる看護師というのも結構な割合で存在します。その割合は、若い看護師ほど高いように思えます。

新人看護師はまだまだやる気があります。なので、仕事がなくて仕方なく看護師になったような方は除いて、強い意志を持って看護師になった方は、まだまだ初々しさもあり優しいです。「天使」率は比較的高いかもしれません。ただ、仕事に慣れていない為、患者と接する余裕がないので、その優しさに触れる機会はかなり低いです。

問題は、看護師になって3年以上経った20代後半~30代前半にかけての看護師の「天使」率は急激に低くなります。

ちょうど、後輩なども出来て後輩指導も必要になり、仕事も難しいことを任されるようになります。仕事に対する現実も理解するようになってきていて、医療の闇に揉まれる時期です。

ストレスも蓄積されていることでしょう。

その結果、この年代の看護師が一番キレやすく「天使」率が最も低いといえます。

特に、総合病院は若さ関係なく、看護師の「天使」率は極端に低いといえます。

スポンサードリンク

白衣の天使は「おばちゃん看護師」

私は若い子が大好きです。決して熟女好きなどではありません。

それを踏まえて言わせていただきますと、「白衣の天使」という代名詞はおばちゃん看護師(超ベテラン看護師)に一番当て嵌ります。

おばちゃん看護師は、若い子に比べてストレス耐性が強いです。特に、子供を育ててきて、子供がもう成人していて自分の手から離れているおばちゃん看護師にとって、患者はどんな年齢の方でも自分の子供のような存在なのかもしれません。

個人病院の場合、職場の雰囲気をよくしないとただでさえ人手不足な医療業界。看護師がすぐに辞めていきます。そんな職場の雰囲気を、他の後輩看護師や患者とコミュニケーションをとって良くしているのは、おばちゃん看護師です。

他に出来る仕事が無い、という理由もあるかもしれませんが、何十年も看護師を続けているような人は本当にその仕事にやりがいを感じ、誇りを持っているから続けることが出来たのでしょう。でないとすぐに辞めているはずです。

「白衣の天使」とは、まさにおばちゃん看護師を褒め称える為の言葉なのです。

最後に

おばちゃん看護師が天使だなんて、夢のない話で申し訳ないですが、事実、若い看護師はストレスを溜め、病んでいる方も多いです。その点、おばちゃん看護師は色々なことを経験してきた為、ストレスを乗り越え、心に余裕があります。

でもやっぱり、私は若い看護師がいいです。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールマガジンについてはコチラをお読み下さい。
ブログ運営についてや、恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
友達追加

スポンサードリンク


【電子書籍】1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話


だいちゃん(∀)の処女作が電子書籍として出版されました!

専用無料アプリ(kindleアプリ)を入れればスマートフォンやPCで閲覧可能な書籍です!

amazonで購入可能! amazonプライム会員やkindle unlimited会員は無料で読むことも可能!

1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入にあたっての注意事項やサンプルはこちらから



おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
無料メールマガジン始めました!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク

2 件のコメント

  • おじさま看護師です(*‘ω‘ *)
    確かに言えている!
    若い看護師に天使はいない…。
    老婆ナースは完全天使ですぞ!

  • >>id:okaerinasainetさん
    現役男性看護師さんだ!(∀)
    若い看護師さんはまだまだ仕事を覚えることに必死でイライラしていますよね。
    その点、ベテラン看護師さんになると仕事にも慣れているし、患者さんとの接し方も慣れている、それだけ長く看護師を続けられるのもやりがいを感じているからだろうから天使率が高い!(∀)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です