『障害者雇用で入ったIT企業で苛めを受けた日々』――IT業界の黒歴史

スポンサードリンク

ブラック 犬

photo by Sebastiano Pitruzzello (aka gorillaradio)

障害をネタにした最低ブログを運営している奴とよく言われます。

どうも、だいちゃん(∀)です。

はてなブログでお馴染みのid:netcraftさんがよくWEB業界の闇を暴露しているので、便乗して私も暴露してみようと思います。

私が昔勤めていたIT企業での話です。

スポンサードリンク

IT企業でのイジメの日々

障害者雇用で入社したのですが、本当は簡単な事務の部署を希望として出していたのに、私の経歴から判断したのか知らないですが、一番忙しくて厳しいとされる部署へと配属されました。

その当時、まだ半寝たきり状態で過ごしていた状態からやっと少しは働ける状態になったので仕事に就いたのですが、まだ体調が優れておらず、仕事でのミスが続いていました。しかし、企業側も企業イメージなどもあってか、障害者を簡単にクビにすることが出来ません。

そこで、私は次の日から誰も周りに私以外に誰も座っていない席に座るように命令が下されました。

上司からの指示はチャットのメッセージが飛んでくるだけ。

私の仕事は誰もいない席で、ひたすらに迷惑メールを1日中削除し続ける、という仕事でした。

そこの会社は、部署内へ入るにはセキュリティカードを使って数枚の扉を通ったあと、警備員のチェックを受け、携帯、何かしらの機器、紙やペンなど、持ち込み不可なものをチェックされ、中へと入ります。(これらのものは全て持ち込み禁止されていました。)

表向きな理由は、ペーパーレスを会社自体で推進しているのと、昔個人情報の漏洩で多額の損害賠償を受けた為、個人情報漏洩しない為の対策だとのこと。しかし、これでは中でパワーハラスメントやセクシャルハラスメント、その他イジメを受けても証拠を残すことが出来ません。

会社には防犯カメラが設置されているので、そういった対策も出来る、との主張ですが証拠隠滅など容易いでしょう。

そうやって毎日、私は迷惑メールを削除し続ける仕事、その仕事が嫌だから普通の仕事か、部署異動をお願いしても聞き入れて貰うことが出来ず、精神的にやられ、欝や不眠を発症しました。

そして、私はその会社を辞めました。勿論、自己都合退職扱いです。

最後に

自己都合退職では、最初の3ヶ月は失業保険が適用されず、無収入で生活しないといけません。私には障害者年金がありますが、家が貧乏な為、全て実家に入れています。なんとかして、1ヶ月以内に職業訓練校に入ることで難を逃れることが出来ましたが。

(職業訓練校に入れば、通っている期間中、失業保険を貰うことが出来るので、失業保険をもらう期間を伸ばしたり、私のようにすぐに失業保険が必要なのに貰えない方にこの方法は有効です。)

その企業は、今でも東証1部に上場しています。

だいちゃん(∀)

皆さんもブラック企業にはご注意下さい。ブラック企業に殺されるくらいなら、どうにかして逃げちゃいましょう。この本、面白かったですよ。

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です