『非モテ・ソラノート事件』関係者だから語れる、『非モテタイムズ』というサイトの内部事情

非モテタイムズ

スポンサードリンク

非モテタイムズ

まともなメディアにもちょこちょこ記事が掲載されているのですが、何故か悪い方でしか名前が広まりません。もう、どうにでもしてくれっちゃ!><

どうも、だいちゃん(∀)です。

数年前、㈱ホットココアの運営するニュースサイト「非モテタイムズ」に記事を提供していたことがあります。

4月24日に非モテタイムズのライターである「大ちゃん」(@daichan009)が、Twitter上でフランチェス子を攻撃する内容を多数投稿した。沈黙を守っていたフランチェスコ氏がツイートを再開。『ウェブはバカと暇人のもの』の著者である中川淳一郎氏(http://goo.gl/l2Tvl)による、フランチェス子氏へのデマ攻撃の可能性や、ホットココアの責任・非モテライターへの対応など永上氏に追求した。

※、現在はtwitterのアカウントは@syusoretujituに変更になっていますが間違いなく私です。

(勝手に、「所属していた」と書かれている記事をたまに目にしていましたが、所属ではないので、私の不祥事は私個人の責任ですよ。会社は関係ない。)

その時に、色々とゴタゴタがあってネット上では「非モテ・ソラノート事件」という名前まで付けられた事件に発展しました。「非モテタイムズ」と「ソラノート」というメディアサイト関連の事件です。

詳しくは、Hagex氏の炎上ツイート・ダダ漏れ事件まとめ – Hagex-day infoという記事に経緯が書いてあるので、興味のある方は是非、読んでみて下さい。

事件に関してはもう終わったことなので、言いたいことは山ほどありましたが、今はもう事件自体には触れないでおこうと思います。

しかし、「非モテタイムズ」というニュースサイトに対して、誤解が色々とあるようなので、数年たって事件が風化した今、また蒸し返すようなことにならないことを祈りつつ、書いていこうと思います。

ドアノブ少女

例えばこんなことも

スポンサードリンク

非モテタイムズのライターは「常識人」の集団だった

非モテタイムズといえば、元編集長のめがねおう氏を筆頭に私などw

「非常識な人間の集まり」

というイメージが当時は定着していました。しかし、実際は(私は置いておいてw)”超”が付くくらい「常識人」の集まりでした。

編集長の「めがねおう」氏も例外ではりません。

企業のニュースサイトというプレッシャーを背負い、めがねおう氏は編集長という立場もあり、敢えて「ヒール」(悪役)に徹していたのです。

ニュースサイトも本当はつくろうと思えば普通の恋愛サイトだって書く事の出来る実力者は多かったです。しかし、それでは他のニュースサイトとの差別化が出来ない。なので、敢えて「ヒール」に徹していたニュースサイトでした。

記事単価ははっきり言ってめちゃくちゃ安かったのですが、それとは別の楽しさがありました。SKYPEでグループを作ってチャットの会議室のようにして、好きな時にライティングやサイトの運営について話す。

でも、参加は強制ではなくて、記事だけ書いて提供したい人はチャットには全く参加しなくてもよかったのです。

何をするのも「楽しく!」ということを内部では大切にしていました。

サイト運営が出来なくなってしまったことは、本当に残念に思っています。

編集長の「めがねおう」氏は実は人格者

ネット上では「頭のネジが外れた奴」というようなイメージを持たれていた、めがねおう氏。

実は、とても常識人で人格者だったのです。ライターからの信頼も厚く、人望のある方でした。本当に頭のおかしい人だったのなら、人なんて周りに集まりません。

しかし、一連の事件を起こしてしまったことは事実。しかし、めがねおう氏だけではなく、㈱ソラノートさんにも原因があるので一人を責めるのは間違いだと思っています。

非モテタイムズに人一倍情熱をかけていた、めがねおう氏。

あまりにも情熱をかけすぎた為に、極度にストレスの溜まっている状態にありました。そのストレスのせいで、暴言を吐いてしまったのかもしれません。

ライターや編集者が失敗をしても説教をしない。怒らない。とにかく「楽しく!」「自由に!」を大切に、と言って仕切っていたのが、めがねおう氏でした。だからこそ、単価が安くてもライターとして記事を提供する価値があった。「非モテタイムズ」というニュースサイトが大きくなっていくことがライター達も楽しかったのです。

めがねおう氏は自分の損得勘定ではなく「とにかく楽しく!」ということ追求しているようでした。

数字の計算は得意な、めがねおう氏。でも、どこか「純粋」な少年のような人でした。

㈱ホットココア社長「えがちゃん」も実は人格者

hagex氏の記事、一連の事件を知っている方は、私「だいちゃん(∀)」が㈱ホットココアに何かしらの損害賠償を求められてもおかしくない、という状況にあったことはお分かりいただけると思います。

しかし、「えがちゃん」は損害賠償の請求どころか、

『だいちゃん(∀)が東京に来たときには、飯でも一緒に食いましょう! この事件のことは水に流して、あの時はあんなことあったよね! と笑える日が来るといいですね!』

と言って下さいました。

そりゃ、本音ではないかもしれません。しかし、事件の渦中にある状態で、損害もかなり出ている状態で、このような言葉はなかなか出てくるものではありません。

「えがちゃん」こと「永上裕之」氏は間違いなく人格者です。

彼もまた、「会社」や「社員」というものを背負い、会社を盛り上げる為にヒールに徹していたのです。

実際にお話させていただいたこともありますが、私より少し若いのに、本当に頭のキレる、常識のある方です。

えがちゃんが迷惑でなければ、私が東京に行った際には本当に食事をしながらインターネットについて色々な話をしてみたいものです。

だいちゃん(∀)は人格異常者

今更、言うまでもありませんが、だいちゃん(∀)は発達障害などは何も発症していませんが、普通に「頭のネジ」が外れた人間です。ヒールではなく、本当にめちゃくちゃな奴です。

……って、余計なお世話じゃ!!><

 【裏話】

打ち明け話として、当時、Yahoo!ネタりかというサイトは、「マーカー」という機能を使って、短時間に数人がマーカーをつけると、サイトの目立つようなところに掲載されるシステムでした。

それに気がついた私が、独断でスマホやパソコンなどを駆使してマーカーを付けて、アクセスアップを図っていました。……主に自分の記事ですがwww

あと、ライブドアニュース(livedoorニュース)に自作自演で炎上するようなコメントを書いて、炎上を煽ったりしていました。めがねおう氏より、私のほうが実は裏でめちゃくちゃやっていましたwwwwww

こんな私ですが、ブログの読者をやめないで下さい(´;ω;`) 別に辞めてもいいけど。

(※ちなみに諸事情により、非モテタイムズというサイト自体は更新がされていないだけで残っているのですが、私の記事は全て削除されております。)

最後に

私は福岡、㈱ホットココアは東京の会社である為、現在はホットココアとも、めがねおう氏とも全く関わりがありません。めがねおうさん、何してるのかなぁ……。

ただ、大手ニュースサイトをまとめる役職の人間、会社の社長は、会社の中では、経営者としては悪人に徹しないといけない部分もあります。綺麗事では会社の経営なんて出来ません。

しかし、そんな人でも「会社の外」では全く別人。「人格者」であることも多いのです。

あなたの会社の嫌な上司も社長も、もしかしたら会社の外では「人格者」なのかもしれませんよ?

ドアノブ舐めてるかもしれないけどな!!

ドアノブ少女 春日

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です