人工透析をやっていますが、『人工透析患者』の「お金」の”秘密”を”暴露”します。

スポンサードリンク

http://www.flickr.com/photos/68751915@N05/6848823919

photo by 401(K) 2013

最近、もしかして自分は「神」なんじゃないかと思うようになってきました。末期ですね。(誰かさんの影響ですが。)

どうも、だいちゃん(∀)です。

前回の記事、人工透析やってますが、『食事制限』辛すぎナイタwwwwww 、ブックマークはあまりつかなかったものの、かなりの反響がありました。ありがとうございます。

意外にも、批判的なことはネット上にも見当たらずに、「人工透析」を含む「障害者」というものに色々な人が関心を持ってくれているということが分かり、嬉しく感じました。

そこで、今回は、「人工透析患者」の「お金」についてのお話をさせて頂きます。

スポンサードリンク

「障害者」の「級」と「障害年金」の「級」は違う

人工透析患者は身体障害者1級になります。

障害者は「障害年金」というものを2ヶ月に1度もらうことが出来ます。

「身体障害」の「級」と「障害年金」の「級」というもの、等級は別々に分けられています。

人工透析患者は身体障害者1級ですが、障害年金は2級になります。

障害年金の額は地域によって差があるのですが、私の住んでいる北九州という地域では、

・障害年金1級 2ヶ月で約17万円=月に約8.5万円

・障害年金2級 2ヶ月で約13万円=月に約6.5万円

という風に差が設けられています。

(たしか、最近はこれより少し減額されたような覚えがありますが、うろ覚えです、すみません……。)

そして、障害年金を貰っている国民は、国民年金を払う必要がありません。もう、年金を貰っている立場なので当然といえば当然なのですが。

これを多いと思うか、少ないと思うかは読者の皆様の考えにお任せします。

ただ、人工透析患者、特に若い透析患者は精神的な面をやられるからなのか、仕事に就いていない、就くことの出来ない人も多いという現実があります。そして、生活保護受給者になっている、ということも多いです。

生活保護受給金額に上乗せして障害者年金を全額貰うことは出来ません。なので、生活保護受給のほうが、「健康で文化的な最低限の生活を営む」ことが出来る、と判断してそちらを選ぶ人がいる、ということです。

憲法21条1項 

全ての国民は、健康で文化的な最低限の生活を営む権利を有する

障害年金の金額は、年金だけで貰い働かずに生活出来ないように設定されています。障害者にも健常者と同じように、とまでは言いませんが「働いて欲しい」というのが国家の本音だからでしょう。少しでも労働者が多いほうが、経済を活性化させることが出来るからです。

しかし、障害年金だけでは生活出来ずに生活保護を選ぶ人が増えれば増えるほど、国家の思惑とは真逆のことが起こります。本末転倒です。

まだまだ、障害者に対しての法整備が整っていないのが日本の現状ではないでしょうか。

1級障害者の医療費は無料

1級身体障害者の医療費は、国民保険適用のものであれば全額無料です。ただ、逆にいえばそれだけ税金を使っている、ということなので、助かっている反面、申し訳ない気持ちもあります。

人工透析患者の場合、人工透析やそれに必要な投薬料を合わせて、50万円~60万円の医療費を税金から払っていただいています。

そして、人工透析を行っていると、年数が経てば経つほど身体のどこかしらが悪くなってくるので、もっと医療費は増えます。

人工透析

出典 http://docs.jsdt.or.jp/overview/pdf2012/p03.pdf

人工透析患者は全国で、2011年12月の時点ですでに30万人を超えています。

(一部、逆説もありますが)高齢化に伴い、今後も増加していくのではないかと言われています。国家の、医療費負担はどんどん増えていくことになります。

今一度、「医療」というものについて考え直さなければいけない時が「今」なのかもしれません。

障害者手帳には様々な特典がある

これは知っている方も多いと思いますが、障害者手帳を持っていると様々な特典を受けることが出来ます。

これも、地方によって差があるのですが、私の住んでいる地域では、

・映画館の利用が常に半額(同伴者1人も半額)

・公共交通機関の利用料の半額(同伴者1人も半額)

・タクシーの初乗運賃の無料チケットが貰える(1枚1枚に利用期間の設定有り)

・高速道路の利用料金の半額

などがあります。

携帯電話サービス

各種携帯電話キャリア(au softbank docomo)なども障害者に対しての割引サービスを行っています。契約時、または契約後でもいいので障害者手帳をどこかの店舗で提示するとサービスを受けることが出来ます。

【au スマイルハート割引】

障害者割引

スマイルハート割引 | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

【softbank ハートフレンド割引】

障害者割引

ハートフレンド割引 | 料金・割引 | モバイル | ソフトバンク

【docomo ハーティ割引】

障害者割引

ハーティ割引 | 料金・割引 | NTTドコモ

 

そして、iPhoneでお馴染みの「Apple社」さんも障害者割引などを行っています。

障がい者向け Apple Store 特別販売プログラム 

Apple Storeでは、身体障がい手帳・精神障がい保険福祉手帳・療育手帳を保有された方の個人購入を対象に特別価格での販売を行っています。本プログラムに関して詳しくは、下記のご相談窓口までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご相談やご質問:0120-99-6622

電話受付時間:9:00-20:00(平日のみ*1/2、3は休業)

メールでのお問い合わせ:DC_Japan_Inquiries@group.apple.com

*12/28-1/5までの間の受付分に関しましては1/6以降にご返信となります。

Apple – 連絡先 – 障がいのあるお客様へ

このように、様々な面で支援を受けています。

最後に

障害者にだって生きる権利があります。しかし、これだけ色々な面で支援を受けているというのが現状です。

私は、これを「当たり前だ」と思ってはいけないと思っています。

障害者も、支援を受けている分、金銭に対してお世話になっているのなら、金銭以外の面で社会に対して何らかの「価値」を提供していかないといけない、と考えています。

そうすることによって、障害者に対して税金を投じる意味がもっと出てくることになり、さらに障害者に対する支援が広がり、障害者が住みやすい世の中に、生き辛くない世の中になると思うのです。

そして、「医療」の研究に多額の税金を投じるということは、夢物語に夢を託すのではなく、現実的な「金銭面」でのメリットも国にとってあるはずです。

研究者のみなさま、これからも研究を頑張って下さいね。

そして、色々な支援をしてくださっている企業、国、健常者の方々、この場をもって言わせて頂きます。

「いつも、ありがとうございます。」

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • 小さい頃の食生活はだいちゃんさんはどんなもの食べてたのでしょう。詳しく書いてくれたら嬉しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です