『様々な色の服』を着用すれば、気持ちも明るくなって世界が輝いて見える!!

スポンサードリンク

ファッション 色 カラー

photo by @Doug88888

愛用のブーツは、毎年の秋冬の着用でクリーニングやメンテナンスをしながら、かれこれ9年は愛用しています。高かったので。

今日の最初のコメントは意外とまともでしょ?

どうも、だいちゃん(∀)です。

ファッションに疎い方は、どうしても黒色服の着用率が高いような気がします。「一番無難で使いやすい色だから」「他にどんな色を着用していいか分からないから」など、様々な理由があるのだとは思いますが。

そこで、今回は、洋服の「色」についてのお話をしようと思います。

スポンサードリンク

黒色ばかりでなく、他の色も取り入れてみよう

冬は、なんだか気持ちも沈む為、黒や灰色などを頻繁に使いがちですが、それだとあまり面白みがないですよね。コーディネート方法の一つではありますが、そればかりというのはどうかと、私は思います。

誰が決めたのか知りませんが、各季節には、「季節色」というものがあります。

冬だと、白、黒、グレーの他に、赤、緑、青、紫などがあります。後者の色彩を使うことによって、ただ真っ黒なだけの状態よりもオシャレさを出すことが出来るのです。

例えば、黒のダウンジャケットを使うにしても。前を開けて、インナー(中の洋服)を赤色にすれば、冬なのに活発なイメージが生まれます。

紫にすれば、色気を出すことが出来るでしょう。

青にすれば、知的なイメージを醸し出すことが可能です。

ピンクにすれば、可愛いイメージになります。

このように、例え黒色の服を着用するにしても、一部分だけに目立つ色を使うだけで、ずいぶん印章が変わってきます。色によって、相手に与える印象も違ってくるのです。

色には自己暗示の効果もある

少し古い時代の話になるかもしれませんが、中学~高校位までの間、制服の中の服を赤色にしているヤンキー君など居ませんでしたか? そのように派手な色を使うことで、ただ自分を目立たせるだけでなく、活発で強そうな印章を周りに与えることが出来ます。そして、周りにそのような印象をもたれることで、自分にも、

「俺は強い」

という自己暗示効果を与えることが出来ると考えられます。凄くどうでもいいですね。

毎日、黒色ばかり着用する人の中には、心が病んでいる状態の人もいると思います。気持ちが沈んでいると、どうしても暗い色ばかり好んでしまうものです。

しかし、暗い色ばかり着用していると、尚更、気持ちが沈んでしまいます。気持ちが沈むような自己暗示を自分にかけてしまうのです。

なので、たまには気分を変えて、明るい色を着用してみることを私はお奨めします。気分が晴れて元気になることが出来ますよ。様々な色を使ってみるのは、とても楽しいものです。

最後に

「自分にはこんな色なんて似あわない」

と思うことも試着段階であるかもしれません。でも、着用してみると意外と似合うものです。自分が似合わないと思い込んでいるだけかもしれません。

普段使わない色を使うのは、

「コスプレをするようなものだ」

と割り切って使ってみるのも、一種の手かもしれません。違う自分に出逢えるかもしれませんよ。

どうでしょうか。たまには、普段使わないような色を使って、気分転換を図り、ストレス発散してみるのはいかがですか?

(だいちゃん)

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム
ブログ運営についてや、恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

スポンサードリンク


【電子書籍】1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話


だいちゃん(∀)の処女作が電子書籍として出版されました!

専用無料アプリ(kindleアプリ)を入れればスマートフォンやPCで閲覧可能な書籍です!

amazonで購入可能! amazonプライム会員やkindle unlimited会員は無料で読むことも可能!

1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入にあたっての注意事項やサンプルはこちらから



おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です