あなたは、病気・障害を抱えた恋人と『心中』する勇気はありますか?

スポンサードリンク

恋人 カップル 恋愛

photo by Niels000

「私の腎臓あげる!」とまで言ってくれた彼女に3日でフラレたことがあります。やめろ! 私の人間性の問題点を指摘するのはやめろ!

どうも「腎臓乞食」こと、だいちゃん(∀)です。 こんなブログ書いているからフラレるんでしょうねえ。

最初から病気を抱えている人とお付き合いするのは、なかなか勇気のいることです。誰にでも出来ることではありません。

しかし世の中には、

「好きだったら関係ない!」

と思い、お付き合いする方々も存在します。

甘ったるいこと言って現実から目を背けてんじゃね~よ!!

なんてことは今日は言わないのでご安心下さい。

だって、私の前にもそういう人が現れて欲しいですもの。

・私の知り合いには、旦那様が出会った当時から人工透析患者だったにも関わらず、結婚までした夫婦を知っています。

・恋人が白血病を発症したことを知っていても結婚した夫婦も知っています。

・私の叔父は左半身不随の障害者、奥さんは両手が義手でした。(残念ながら、叔父は肝臓がんで亡くなってしまいましたが、とても人間の出来た人でした。)

世の中には色々な愛の形がある。本当に「恋愛」って素晴らしいですね~! と、水野晴郎さん(金曜ロードショーの司会の人)も言い出しそうですね~!

そ~ですね~! あ…これは「笑っていいとも!」か。

真面目な話に戻します。

こういった「上手くいっている」カップルがいる一方、相手の「病気」や「障害」というデリケートな部分を弱点のように狙って、突いて、遊んで、楽しんでいる人たちが存在します。

私みたいに警戒出来るような性格の人なら大丈夫かもしれません。でも、そういう人ばかりじゃないですよね?

特に、発達障害者は言われたことをストレートに受け止めやすいので、人を信じやすいという特徴があります。心を許した相手には、ですけれど。

詐欺師や(詐欺師に非常に近い)遊び人はこういった子達をターゲットに選びます。

酷い話ですよね……。

でも一度、胸に手を当てて考えて見て欲しいのです。

・過去に障害者や病人に酷いこと(軽度の差別を含む)をしたことは無いか

・今障害者や病人と付き合っているけれど、一生それが治らなくても結婚することは出来るか。(結婚だけが恋愛じゃない! という議論はここでは却下!)

・今の恋人は健常者でも将来的に病気や障害を抱えたとしても、そのまま好きでいられるか。

「お前に言われなくても考えてるわ!! 一生添い遂げるに決まってんだろダボ!!」

と私に言いたくなった方、本当に申し訳ございませんでした。あなた方の”愛”は本物なので、本当に本当に幸せになって下さい(´;ω;`)

ちょっと考えてしまった方。無理だと思った方。

(いつもブログに書いてあることとは矛盾しますが)自分を責めないで下さい。それが普通、人間とはそういうものです。

現実的に考えれば考えるほど、マイナス思考になりがちです。

こういうことは、夢見がちな人のほうが向いているのかもしれません。

大丈夫だと思っていても、あとからダメになることもある。そういう危機を互いの協力で乗り越えて本物の「愛」になる。

そんなこと、この世の中に神様でも存在しない限り、誰にも分かりません。

スポンサードリンク

最後に

例えるなら、障害者や病人との恋愛は、

『知らない土地へ冒険に行く』

ようなものなのかなと。

健常者同士の恋愛が「旅」ならば、障害者や病人の恋愛は「冒険」

前者は、何事もなければ普通に楽しく終われるもの。

後者は、確実に何か揉め事が起きるもの。でも、それを乗り越えた時の充実感は普通の恋愛の何倍もある、スリリングなもの。

こんな感じなのではないでしょうか。

ただ、冒険の前には必ず「準備」が必要です。道具や食料を揃えたり、地図を用意したり。

障害者や病人との恋愛も同じで、準備が必要。病気に対する知識、理解などです。

「愛」だけで地球は救えないけれど、「愛」の力を使って恋人くらいは救えるかもしれません。病気は「愛」では治せないけれど、「心」は「愛」で癒される。生きる元気を与えてくれる。

だいちゃん(∀)

こういった本で知識をつけるだけで、「意外と障害者と俺(私)付き合えるかも」と思えるかもしれません。病人や障害者との恋愛が失敗するのは、「知識不足」からということも多いので。

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • 今の身体になった時、離婚されても仕方ないと思いました。
    そして、自分が邪魔だと思い、私から切り出したこともあります。
    それでも毎日世話をしてくれる旦那には感謝しきれません。
    女としては見てくれなくなったけど、私という人間愛が残りました。
    旦那も手帳3級の仮面鬱だけど、私も旦那を愛してます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です