世の中の○○仲介サイトを利用する時の”最低限”対策する方法

スポンサードリンク

http://www.flickr.com/photos/10897362@N00/4273718204

photo by storyvillegirl

朝起きると、見覚えのないアザが出来ていることがたまにあります。

ベッドから落ちているだけなんですがね。

どうも、だいちゃん(∀)です。

ベビーシッター仲介サイトでの死体遺棄事件が世の中のニュースを賑わせていることは皆様もご存知かと思われます。

埼玉県富士見市東みずほ台のマンション一室で、ベビーシッターの20代の男に預けられた男児の遺体が見つかった事件で、神奈川県警は18日、男が「保育室」として使用していたとみられるこの部屋を死体遺棄容疑で家宅捜索した。

2歳児遺棄:「保育室」を捜索 男の母「シッター勉強中」 – 毎日新聞

利用していたサイトは、ベビーシッターとママのマッチング募集・求人情報サイト−シッターズネットというサイトなのですが、実は家庭教師業界にもこのような仲介サイトがあります。

どういった方が利用するかといえば、やはり学校や塾の勉強についていけない、でも家庭教師協会などは3年間で30万円~50万円の教材費をローンなどを組ませて売りつける。家庭教師へ払う時給の相場も私の地元では1500円~2000円ほどです。安いよ……。

教材は売りませんとうたっている会社でも、時給3750円ほど取り、そのうち時給1500円を家庭教師に払う、というもの。舐めんなよって話ですよ。

当然、家庭教師側も貰える金額が安くなり、家庭側は払うお金が高い。

そういった双方の不満を解決するのが、インターネット上などの仲介サイトや、地方紙での直接募集です。

教材費を払わなくていい分、授業時間を増やせるし、時給も高く払うことが出来るので、仲介サイトを利用する方は年々増えています。私も家庭教師として利用しているので、今回の事件は考えさせられるものがあります。

家庭教師仲介サイトの場合、身分証明をする為に、保険証や車の免許証などをまず相手側に提示します。

先生を頼む、家庭側もいきなりこの人! と頼むわけではなく、何人も体験授業をしてみて選ぶ、というような形です。

よっぽどのことがない限り、男の子には男の先生、女の子には女の先生を付けます。

そこまでしても、死体遺棄事件ほどじゃないにしろ、何かしらのトラブルは起きているものと思われます。だから、家庭教師協会というシステムが成立しちゃうわけですが……。

家庭教師も、ベビーシッターと一緒で教員免許などの資格がいらないわけです。なので、「厳選されたプロの家庭教師が~」と宣伝していても、実態はそのへんの大学生だということのほうが多いです。

そして、協会を通しても現場に派遣する地図や月1の書類でのやり取りを行うだけで、特に協会と顔合わせをするわけではないので、協会を通したってトラブルは起きているのではないかと思います。だた、通したほうがトラブル対応、損害賠償などに応じてくれる可能性は高いと思いますが。

どうしても、この不景気。高いお金を教育費に回すのが困難な家庭が多い。でも、子供の将来のことが心配なので少しでも安く教育環境を整えたい。

そういったニーズから、ネット上の仲介サイトを利用する人は今後も増え続けるのではないでしょうか。

しかし、そこにはもっとちゃんとしたシステム、法的な整備が必要だと私は考えます。

私は自分で知り合いなどから仕事を取る他に、ネット上の仲介サイト、家庭教師協会、あらゆる手を使って仕事を取っていますが、家庭教師協会の中には、ホームページだけ作ってそこから登録だけさせて、仕事を家庭教師に依頼する。自分たちは教材を売る。

でも、事務所が本当に機能しているのか疑問な会社も多いです。

実際、ホームページがいつの間にか無くなっていた、という会社も多く見てきました。

仲介サイトなどは、家庭教師側が逆にクレーマー親やヤクザ親、手が付けられない(病院にかかったほうがいいレベル)の生徒に当たる、というリスクもあります。家庭教師協会は、教材を売る時に、リスクも考えて、よっぽど酷い家庭には売らないようにしているので。

それでも、繰り返しになりますが、景気がこのように低迷している以上、こういった「安く仕事を頼める仲介サイト」はこれからもどんどん仕事が増えていくでしょう。

スポンサードリンク

最低限、気をつけておくこと

どうしても、金銭面から仲介サイトなどを利用する場合、最低限気をつけておいたほうがいいことを、私なりにまとめます。

・身分証は確実に確認しよう。

出来れば、住民票(本人記載)くらい請求してもいいかもしれません。

・顔合わせは絶対に行いましょう。

子供との相性が良いか悪いかも会ってみないと分からないですし、今回の事件では顔合わせをせずに、第三者が仲介していたようなので。

・なるべく、知り合いに紹介してもらいましょう。

知り合いからの紹介が一番リスクが低いのは確実です。

・ベビーシッターなら子育て経験のあるおばちゃん、家庭教師なら社会人家庭教師で尚且つ経験のある程度ある人を選ぼう。

今回の事件も20代前半の子でしたよね。さすがに保育士でも精神的に病むようなリスクの高い仕事を、無資格者、子育て経験なしの子がやるのは無理があるかと。

家庭教師も、大学生はいい加減な子が多いのが現実です。真面目な子もいるのですが、自分が勉強が出来るのと、人に教えるのは全く違います。学歴で選ばないほうがいいです。

・家庭教師の場合は、親の目の届くところで仕事をさせる。ベビーシッターなら、定期的に連絡を入れて状況確認をする。

出来れば、空いた時間などに顔を出しに行く、くらいはしたほうがいいとおもいます。

家庭教師などでも、信用してもらえてるからなのか、子供しかいない状況で教えることもありました。でも、何かあったときに私が誤解を受ける可能性もあるのでなるべく保護者さんがいてくれたほうが助かるんですよ。

最後に

どれだけ気をつけていても、事件というものは起こってしまいます。ベビーシッターにしても、保育士などの有資格者が事件を起こした、ということも珍しくないです。

でも、最低限気をつけることで、その事故に遭うリスクを減らすことが出来ます。

政治家の方には、この子供の教育にかかるお金が少子化を加速させている、という現状をもっと理解していただきたいものです。

だいちゃん(∀)

子育てってどうしても自分の子供が可愛くても、イライラしてしまうこと多いですよね。でも、怒ることってマイナスなことのほうが多いです。

そういったことをしっかりと書いてくれている、新書です。子育てでいつもイライラしてしまっている方は是非。

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です