【受験】『偏差値の低い人間とは関わりたくない。』とか言っている奴、ちょっと出てこいや!!

炎上

スポンサードリンク

炎上

父親側の先祖は「えた・ひにん」 母親側の先祖は「武士」という、私は数奇な血統を持った人間です。別に、めぐり合わせが悪いとも思いませんがね。

どうも、だいちゃん(∀)です。

HUFFINTONPOST日本語版の、偏差値が重視されるたった一つの理由 | Rootportという記事が面白かったので、便乗して私も偏差値教育について書きたいと思います。

この記事が面白かった理由として、受験産業をソーシャルゲーム(パズドラのようなお金をかければかけるだけ有利になるゲーム)になぞらえているところです。

なぜ予備校は――受験産業は儲かるのでしょうか。

それは、受験がソーシャルゲームだからです。

親たちが受験産業にカネを投じるのは、中高生がモバゲーやGREEにカネを投じるのと同じです。

最初にプレイヤーキャラクターを選び、課金アイテムで強化していくゲームだと思ってください。

物凄く適切な表現だなと、受験産業に身を置いている人間としても思います。

スポンサードリンク

 生まれつき物覚えの悪い障害もある

物覚えの良い悪いは、発達障害のように生まれつき決まっている部分や、育った環境によっても差が出るものです。

しかし、お金さえかければ発達障害を持った子を一般の知能レベルまで持っていくことは、お金の無い家に比べれば容易いでしょう。

実際、私の生徒でも発達障害の疑いのある子に、家庭教師も付けて塾にも行かせて、挙句の果てに訳の分からない「テストの予想問題」とやらに、何十万もお金を払っている家庭もありました。

そこまで極端じゃないにしても、公立の学校というのは名前は「こうりつ」なくせに、受験に関していえばかなり「非効率」な授業の設定になっています。正直、受験勉強だけの面で見れば、学校に行かずに朝からやっているような塾(まぁ、そんな塾、中学生の年齢だと無いんですけどね。高校なら予備校なんかがありますが。)にでも通ったほうが確実に有利です。

でも、一般の家庭は教育費に充てられるお金も限られているから、なるべく学校で勉強させて、併せて塾にも通わせます。

しかし、塾にすら通わせることの出来ない家庭だってこの世の中には存在します。はっきり言って、塾無しで、または勉強を教えてくれる人無しで、学校の勉強だけで頭の良い高校、大学に行くのなんてほぼ不可能です。だって、子供って自分から勉強なんてしないですもん。

それ以前に、「勉強のやり方が分からない」という子が多いはずです。

例えば、小学校から塾に通えるような家庭の子は、物覚えの良い時期に学校とは違う「効率の良い」受験向きの勉強をするので、自然と勉強方法が身に付きます。しかし、一般的な・公立の学校に通っているだけで、自分から勉強方法を編み出せるような子はかなり少ないでしょう。

だからお金のある家庭の子は、小学校の頃から塾に通わせ、中学受験をさせるのでしょう。その他にも、公立の学校は住んでいる地域によって通う学校を勝手に決められてします。

しかし、なんらかの理由で地元を離れることが出来ない(親の介護など)。でも、その地域はかなり荒れていて、学級崩壊などが起こっていて公立の学校では全く勉強が出来ない。

そういった場合、当然、お金のある家庭は私立受験をさせてその学校を避けようとするはずです。だが、これだってお金がないと出来ることではありません。

家庭が貧乏だから、家賃の安いそういった荒れた地域(荒れている地域は当然、人気が無いので家賃は安くなります。)に住み続けるしかない。塾に通わせることも出来ない。そんな家庭だって世の中にはゴロゴロあります。

公立の学校でも頭の良い学校はあります。でも当然、勉強の出来る子の多い地域、頭の良いことで有名な公立の学校の地域の家賃などは高くなります。そういった地域にわざわざ引っ越すのにもお金がかかります。

母子家庭だと、どうしても親が不在がちになるので、勉強どころか箸や鉛筆の持ち方だってちゃんと教えるのが困難です。実際、私の家は母子家庭ですが、未だに箸をちゃんと持つことが出来ません。鉛筆やフォーク、ナイフなどは本を読んだり友達のやっていることを真似して自分で直しましたが。

これだけ箇条書きしてみても、どれだけ教育にお金が必要なのかがお分かりいただけるかと思います。

「偏差値の低い奴とは関わりたくない。」

「偏差値の低い人間は、やはりそれだけ中身の薄い人間の割合が多い。」

といったことを耳にすることがあります。

こういう発言をする人たちに問いたい。

あなたは親に全く頼らずに今まで勉強をしてきたのですか?

「奨学金を貰って大学には通っている。」

素晴らしい! じゃあ、小学生の時は? 中学生の時は? 高校生の時は?

誰しもが親にお金を出してもらっているはずです。本人も頑張ってきたのでしょうが学歴なんてものは「親の金」で得たも同然なんですよ。親に感謝をする必要はあっても、そのことを鼻にかけて勉強の出来ない人間を見下すのは間違っている。

勉強の出来る出来ないは、どんな家庭に生まれたかの「運」の要素もかなり強いです。生まれた時からハードモードなのかイージーモードなのか決まってしまっている。

偏差値の高い人間は、本人の頑張りとは別に「運」がよかっただけなんですよ。そのことを勘違いしてはいけない。

最後に

書きたいことはまだまだありますが、長くなったので(いつも長いですがw)今日のところはこの辺で。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です