『増田』で障害者差別してる奴、ちょっと出てこいやクズ野郎!!

炎上

スポンサードリンク

炎上

ネット上で有名な「1級身体障害者」と言えば、間違いなく私でしょう。

どうも、だいちゃん(∀)です。

ネットを普段使わない方でも、映画「電車男」などの影響もあって「2ちゃんねる掲示板へようこそ」という悪名高いサイトを知っている方は多いと思います。

それとは別に、主にIT業界や高学歴層(特に理系)が利用しているサイトに、「

はてな匿名ダイアリー」(通称、増田)というものがあります。匿名で好き勝手なことを書くサイトです。

どちらのサイトも、汚い部分をみればネットを普段しない方から見れば「気持ち悪い」という印象を与えがちなサイトですが、利用者はどちらのサイトも高学歴層も多いということもあって、役に立つ情報も探せば結構あって、利用仕方によってはかなり役にたちます。

私は情報の精査は比較的得意なので、資格試験の試験内容ごとの対策などはこういったサイトから探して、そのおかげで短期合格出来たこともあります。

だた、やっぱり匿名だからということもあって、行き過ぎた差別用語を使う人が少なくありません。

例としては「死ね」だとか「殺す」などという言葉ですね。実際、事件にもなりましたよね。

【衝撃事件の核心】「なんで早く飛び降りないの?」そして元交際相手は自殺… 慶大生がLINEで送ったメッセージの「暴力性」+(1/5ページ) – MSN産経ニュース

以前も書きましたが、彼氏も精神病を患っている彼女の相手をして、精神的におかしくなってしまっていた。彼氏自身も精神疾患を患ってしまっていたのではないか、と少し養護することも出来ます。

ただ、精神的に追い詰められている人に感情的になって「死ね」なんて絶対に言うべきでない。特に、自殺の方法を具体的に提示するなんて絶対にいけない。

 メッセージで「8階から飛び降りれば死ねるじゃん」と具体的な方法を示していたことも悪質性が高いとみなされた。

※上記ニュースより

LINE

これをすると本当に精神的に追い詰められている人は、

「自分が全て悪い。これ以上人に迷惑をかける前に死んだほうがいい。」

と思ってしまうわけです。なので、絶対に自殺の具体的方法なんて冗談でも提示してはいけないし、ましてや「死ね」や「殺す」などという言葉も使ってはいけない。

「そのくらいで死なないだろ。そんなことで死ぬような奴は社会で生きていけない。」

と主張する人がいますが、そう発言している人の大半が精神病を患っているのに自分で自覚のない人です。「人を思いやる気持ち」が無くなっている。仕事などに追われているせいもあるのかもしれませんが、「心が死んでしまっている。」

「感受性が乏しい」

のですよ。感受性というものは、人の気持ちを理解するということは、勉強が出来ることよりも大切なことなはずです。

いくら勉強が出来たって、大企業に勤めていたって、会社の社長や金持ちだったとしても、こういった人間には、人間的な魅力がない。

金によってきてチヤホヤしてくれる人は周りに集まっても、本当に心から信頼してもらえる人には好かれないでしょう。

スポンサードリンク

はてな匿名ダイアリーは2chに匹敵するくらいクズが多い

id:masudamasterてめえふざけんじゃねえぞ

この記事を読んで、怒りを通り越して呆れて物が言えなくなりました。まぁ、私が喋らなくなることなんてありえないんですがね。

まず気になったのが、

非健常者だかなんだかしらねえがここの掟を破るやつはメクラだろうがビッコだろうが乙武だろうがふざけんじゃねえぞ。

という部分。

たかが匿名掲示板だろ、掟がどうのこうのとか騒ぎすぎだってんだよ。

確かに、マナーというものはどこでも存在するもの。しかし、非健常者(障害者)をネタとしてあげるのは、id;masudamasterさんのやったことよりも、

「社会常識が無い」

と言えます。そんな人に、人を批判する資格はありません。

他にも、

自分のこと非健常者とか言いまくってるやつは小野ホリに捕捉されてぶっ殺されろ。

ここでいう「ぶっ殺されろ」は本当に殺せ、という意味ではないとちゃんと受け取れるような内容になっていますが、非健常者(障害者)がそれを表に出して(ブログに書いて)なにが悪いのでしょうか。

おそらく、1級身体障害者という言葉を勝手に作って使っているのは私が元祖なはずで、ネット上でここまで身体障害者ということを表に出しているのは、乙武洋匡氏くらいしかあとは思いつかないのですが。

そうやって、

「障害者とはどういうものなのか」

という情報を世の中に情報が少なすぎる。だから、誰かが批判を覚悟で書かなければならないことです。

情報が少ないから、差別も生まれる。人は「知らない」ものほど恐怖を覚え、近づこうとしないからです。

だから、何も考えずに「障害者に対する差別用語」を使う人があとを立たない。

これがネットの「匿名性」というもののリスクではないでしょうか。

この慶応大学性の事件だけでなく、実際にネット上で「死ね」とブログに書き込まれまくって自殺した女子高生がいます。私の地元です。

匿名だからと言って何を書いていいわけでもない。そして、匿名でも今は人物を特定することが可能です。ブログによっては、コメントを書き込んだ時点である程度の書き込み者の書き込みを行った場所(多くは自宅)が簡単に特定出来ます。

匿名性サイトを利用する方には、もう少し考えて発言してほしいものです。

最後に

障害者や病人の悪口を言っている奴らは、自分が病気になっても絶対に誰にも助けを求めるなよ。そのくらいの覚悟をもって発言しろ!!

だいちゃん(∀)

こういう本を読んで、少しは勉強しやがれっつんだよ!!

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です