高学歴はDQNを見下し、DQNは高学歴に嫉妬する。「共存」することは出来ないのだろうか?

スポンサードリンク

http://www.flickr.com/photos/27917561@N00/1895674123

photo by jpellgen

夢を見た。

昔、私自身の身体障害を理解してもらえなかった故に疎遠になった人、障害関係なく、昔から変わり者だった私の定期券を盗んだり、腕時計を壊したり等の嫌がらせをしていた人たちと、仲良く学校生活を送る夢だ。

嫌がらせやイジメを受けたのは高校時代。

障害に対する理解を得られなかったのは主に20歳を過ぎてから。

私は最初に入学した中高一貫私立を中退し、通信制高校に入り直している。その学校でも、新人教師のミスで1単位足りずに留年になったりと、なんだかんだで20歳まで高校生をしていた。

スポンサードリンク

 私の人生の軌跡

成績はそれなりによかった私は、地元の大学への推薦を受けることが決まっていた(まだ合格したわけじゃないけど)にも関わらず、学校側はミスを認めずに泣く泣く留年。

それでも通信制の高校生活はとても楽しいものだった。ただ、通信制の高校は普通の高校ではない。私は一般的な「普通の高校」生活に今でも憧れを持っているのだろう。

通信制高校時代は月に200時間ほど働きながら、高校の勉強もしっかりとやっていた。平日はフルタイムでバイトが入っていて、土日は学校。なので、空いた時間や学校帰りに勉強を集中的にする、という方法で乗り切っていた。

時にはファミレスに32時間ほど滞在し、追い出されたこともあった。無銭飲食でも疑われたのだろう。

次の日から、店内での勉強禁止の張り紙が…。

話はそれてしまいましたが、面白いことに、私の見る夢は見る内容が毎日のように固定されている。毎回、「普通の学校」での学校生活を送るという夢だ。

その夢の中では私に嫌がらせをしていた奴とも、私が障害者であろうとも仲良く学生生活を送れているという内容だ。

そして、なぜか、私は有名な大学を受けることになっているのに、勉強を全くしていなくて、非常にヤバイという設定だ。こればかりは理由が分からない。所詮、夢だしな。

中高一貫の私立高校に通っていた時は、彼女がいたり、私に嫌がらせをしてくるやつもいたが、私の周りの友達は性格の優しい、良い奴が集まってくれていた。いつも、人にだけは恵まれているなぁ、と自分でもそこだけは人生得しているな、と思っている。

それでも、特殊な学校(中高一貫のほう)だったので(親が勉強に厳しすぎて精神がおかしくなっている人が多かった印象)あまり、楽しい学生生活は送れなかった。

通信制の高校も楽しかったけれど、いわゆるDQN(ヤンきーとかそっちけいの人間)の多い、常識からはぶっ飛びすぎている人の集まりなので、中途半端な常識人の私は、もう少し普通の学校生活が送りたかった。

そんな深層心理が夢に現れているのかもしれない。

あとは、やっぱり大学をちゃんと卒業したい。大学卒業の資格だけを手に入れるのは簡単だけど、ちゃんと専門分野をアカデミックな視点から学んだり、同じような学問を学んでいる友達が欲しい。

私は比較的、友達は多いほうだ。友達には良い奴が多い。そこは凄く恵まれているなと思っているし、同時に感謝もしている。

ただ、所詮、私の住んでいる地元は田舎だ。学問に関して、IT技術に関してかなり都心部にくらべて遅れているので、学問的なものに関して話の合う人がいない。これは見下しているとかではなく、単純に趣味の違いだろう。

私は貧乏育ちで親が無理をして、北九州の中では一番まともだと言われる地域で勉強をさせて貰うことが出来た。中学時代までそういった友達たちに影響を受けて様々なことを学ぶことが出来た。

社会人になった今、みんな各都市に散り散りになって、正月くらいにしか集まることが出来ない。既婚者はそれすらも困難だ。

私はもっとアカデミックな話の出来る友達も欲しい。友達に関する好き嫌いはないのだけれども、オタク系、普通、ヤンキー系の友達は多い。でも、インテリ系の友達はネット上にはそれなりに多いけれど、現実世界ではかなり少ないかな。

学生だと、世間知らずなのでどうしても話が噛み合わない。社会人でそういう話の出来る人と話がしたい。

でも、時々バーなどで知り合う人に、頭の良い人などがいて、そういう話をすることが出来る時がある。そういう機会をもっと増やしたい。

インターネットの良いところは、私みたいに育ちの悪い地域で育っているけれど、インテリな話が好きな人間と、東京などで高度な教育を受けている人、または単純に頭の良い人との交流が出来る。昔では考えられない贅沢なことだ。

そのおかげで、私はネットライフ、現実生活ライフを、障害者のくせにある程度充実させることが出来ている。金は無いけどね(笑)こっちは物価が安いので、普通に生活する分には困っていないけれど。

思ったことをただ綴っただけなのだけれど、いわゆるDQNと言われている人の中にも、頭の良い人に憧れを持っている人はいる。DQNは(頭のおかしいだけの奴は別として)意外と素直なところがあったり、上下関係、礼儀はしっかりしている。そして、やっぱり勉強してこなかった自分に負い目を感じて、頭の良い人に憧れを持っているDQNもいる。

そういった、「今まで関わることのなかった世界の人たち」を結びつけ、共存していけるようにパイプを繋げるのも、インターネットの役割なのではないかと私は思っている。

違う環境で育った人の話は面白いし、違う環境で育った者同士が関わることで、時には争いごとが生まれることもあるけれど、何かしらの化学反応が生まれて新しい「何か」が生まれるきっかけになるかもしれない。

本当に、心からそう思っている。

最後に

古い業界の中に革命をもたらすのは、いつも関係のない他業種から得たアイデアだ。

私は、インターネットをまだあまり使わない層の人にも、インターネットが身近になるようになって、色々な価値観を持った人たちがネットを通じて関わるようになる。そうやって、新しい日本ができていけばいいなと、思っています。

障害者だろうと、DQNだろうと、高学歴だろうと、年齢差も超えて。

ただの夢物語かもしれませんが、やり方次第では可能でしょう。

「大人が夢を見れなくなったら、日本という国は終わりですよ。」

だいちゃん(∀)

ディスカバーの本って胡散臭いのが多いイメージなんですが、この本は毒舌だけど言っていることが正論だし、なかなか読んでいて面白かったです。文章が色々とハチャメチャ過ぎて笑えるw

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です