『障害者雇用のノウハウのない企業』が倒産していく時代がやってくる!!-福祉2.0時代の幕開け

法定雇用率

スポンサードリンク

法定雇用率

障害者雇用率が今年の4月から引き上げになるということで、国は国でそれなりに頑張っているなという印象ですが、相変わらず国の役人たち及び公務員は障害者の社会での扱いをまるで分かっていない、坊ちゃん育ちの世間知らずが「表向きにはちゃんと対応していますよ~。」という”言い訳”をする為に法整備をしているとしか思えないような対応ですね、全く。

スポンサードリンク

障害者の法定雇用率を満たさない場合の罰則

まず、障害者雇用率制度に基づく雇用義務を履行しない事業主は、法律に基づき、雇入れ計画作成命令などの行政指導を受けるとともに、その後も改善が見られない場合、企業名が公表されます。

というわけで、民間企業でも2%、つまり50人に一人は最低でも一人は身体・知的障害者を雇わないと企業名が公表され、ブランド力の低下が予想されますのでご注意ください。

そして、従業員200人以上を抱えている企業の場合、法定雇用率を下回っているとお金を納付しなければなりません。逆に、雇用率を上回っていると、各種の報奨金を受け取ることが出来ます。

※ 障害者雇用納付金制度とは・・・ 法定雇用率を下回っている事業主(従業員200人超)から、法定雇用障害者数に不足する人数に応じて納付金を徴収し、それを財源に法定雇用率を上回っている事業主に対して障害者雇用調整金、報奨金、各種の助成金を支給する制度です。 障害者を雇用するには、作業施設・設備の改善や職場環境の整備など、経済的負担が伴います。この納付金制度は、障害者を多く雇用している事業主の経済的負担を軽減し、事業主間の負担の公平を図りつつ、障害者雇用の水準を高めることを目的としています。

詳しい内容は、厚生労働省のPDFファイルに記載してありますので、御一読してみることをお勧めいたします。

障害者雇用の問題点

ただ、ここで問題なのが、

「精神障害者を雇用する義務は無い」

というところです。

あまり知られていませんが、精神障害者に関しては雇用義務はありません。ただ、雇用した場合には、身体・精神障害者をやとったとみなされるようにはなっていますが。

なので、当然企業側は精神障害者雇用を避け、身体障害者、だいたい足の不自由な障害者を好んで雇用する傾向にあります。上半身さえ使えれば、パソコンを使うのには全く問題がないので、雇用しやすいのでしょうね。

段差を無くすなど、ユニバーサルデザイン(バリアフリー)設計を施す必要はありますが、国から助成金は出るのでそこはあまり問題にならないかと。

以上の理由から、日本の障害者に対する法整備は、ほとんどが足の不自由な人にしか機能していない、表向きに取り繕った薄っぺらい法整備だということが言えます。

企業側に障害者雇用のノウハウが無い

一番の問題点はここなのではないでしょうか。

企業側に、障害者雇用に対する知識・ノウハウが無い為に障害者雇用をイヤイヤ引き受けている感じはします。

企業側を少し擁護すると、ただでさえ「人を雇う」というのはリスクがあります。簡単にクビには出来ない、特に障害者をクビにすると企業の評判を落とすキッカケになるからです。

健常者ですら雇う体力(財力)の無い、余裕のない企業が増えている今、障害者を好んで積極的に雇用する気にはなれないでしょう。

だからこそ、国が率先して企業側に、専門家を派遣して障害者雇用に対する教育を行うべきなのではないでしょうか。

法整備だけやって、あとは企業に丸投げ~! それじゃいつまでたっても世の中の障害者は救われないですよ。

世の中の障害者の人口

日本には障害者が約700万人いると言われています。軽い障害の人を含めると1000万人以上いるとも言われています。

※出典元http://www.comp.or.jp/2013/06/03/461/

思ったより多くないですか? 世の中の99%が健常者、くらいの気持ちの方が多いように思います。本人が障害だと自覚していない例も含めるともっと多いのでしょうね。

そのくらい、「障害者」って身近なものなのです。ただ単に、関わる機会が少ない、または障害によって小さい頃に差別や偏見、イジメなどを受けて積極的に社会に関わることの出来ない障害者も多いので、健常者の方が身近に感じにくいのが、今の日本なのかもしれません。

イギリスに留学していた友人(育ちの悪い私のような人間にも、そういった友達はいますw)によれば、イギリスなどヨーロッパでは、普通に車椅子・目が不自由で杖を持って生活している障害者など、色々な障害者が普通に街で生活しているそうです。

イギリスって歴史上は強者でしたが、近代ではユーロにも加盟出来なかったような財政が不安定な国ですよ?(ユーロに加盟できなかったのは、ヘッジファンドが為替に色々と仕掛けたからなのですが、そこは割愛します、)

そういった国でも、障害者を受け入れるような体制がある程度出来ている(イギリスは治安は悪いですけどw)日本なんて、世界的に見れば治安は良い方、いくら借金が多いといっても、そこは先進国。それなりに裕福な国には変わりはありません。

もう少し、障害者と健常者が共存するような仕組みを作ることが出来そうなものですがね。

障害者が働けるようになると国にも大きなメリットがある

障害者が仕事が出来ない状況というのは、税金から支援を受けるだけで何も生産(お金を生み出すものを作る・またはそういった活動をする。)ことが出来ない、悪い言い方をすると「金食い虫」になってしまうわけです。

でも、そういった障害者を適切に雇用することができれば、日本のGDP(国内総生産)の底上げにもなるはずです。

(※国内総生産 様々な意味がありますが、ここでは国内でどのくらい金を稼げるか・金になるものを生産出来るか、という意味に留めておきます。)

少し話はそれますが、人工透析患者は税金で高額な医療費を賄っていただいているので、早くiPS細胞などで人工透析を受けなくてもいい世の中を作ってもらえると、国に負担をかけずに済むので、研究者の皆さん頑張って下さいw

障害者雇用を頑張っている企業

自分の知っている範囲でしかお話出来ませんが、障害者雇用を頑張っていて、ノウハウもそれなりに蓄積されている企業の例として、

「富士通」

さんがあります。健常者の正社員の方への待遇面などは分からないのですが、富士通は行政などから仕事を受託することも多い企業なので、障害者も積極的に雇用し、研修も、本当の基礎の基礎、大げさな言い方だと、

「パソコンのクリックだけで済むような作業」

から、段階を得て普通の仕事をしてもらうような仕組みをとっています。仕事の出来る障害者は普通の仕事をさせてもらうことも可能です。

他にも、

「ソニー」

さんは、私がお世話になっているじんラボというサイトを運営している「ペイシェントフット」という会社の社長さんが、現役の人工透析患者なのですが、長年ソニーに勤めていました。唯一、障害者でも採用してくれたのがソニーだった、というような話を聞いたような気がします。ちょっと記憶があやふやですがw

他にも、ネット上ではブラック企業として名高いwユニクロを運営している、

「ファーストリテイリング」

は、障害者雇用自体は積極的に行っているし、対応はいいと聞いたことがあります。その分、健常者の社員の負担になっているのかもしれませんが…。

あとは、

「ソフトバンク」

も障害者雇用自体は積極的に採用しています。ただ、

・研修を障害者と健常者を一緒にさせる

・ノウハウが無い

と、大企業の割に、障害者雇用に関しては全くダメです。もっと上の役職の人間が現場を見るべきでしょう。

あと、「上戸彩」を看板娘にしている点もダメですね。綾瀬はるかとか石原さとみにするべきです。

あと、あの白いへんな犬が、

「どうする? アイフル~♫」

とか言いだしたら完璧ですよ。

(余談ですが、僕の芸能事務所所属時代の友人は、アコムのCMのオーディションで「どうする? ジョイフル~♫」というギャグを行い、面接官を激怒させたことがあります。)

最後に

障害者は雇うと簡単にクビに出来ない為、少し前に話題になった(といっても、昔から存在する)

「追い出し部屋」

のような場所に移されて、毎日、迷惑メールを削除し続けるだけの仕事、などをさせて自分から辞めるように仕向ける、という現実が実際にあります。

こういった被害を避けるためにも、障害者をどのように研修すればいいのか、従業員として活用すればいいのか、もっと企業に・国にノウハウが必要なのではないでしょうか。

あと、障害者で就活を行っている方、特に大学生は、中小企業を狙うよりも大企業を狙ったほうが入社できる可能性が高いです。小さい企業だと、障害者を雇う金銭的な体力がないので採用されにくいです。中途採用の方はハローワークなどで探すのと平行して、企業のホームページなどから探してみたほうがいいでしょう。ハローワーク求人って、結構人を舐めた待遇なので…。

ところで、アイフルのチワワって今何をしているんでしょうかね?

だいちゃん(∀)

こういう本もありますので、企業の人事の方はご購読いただけると幸いです。

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です