美容室で話すのが苦手な人がそれを克服する たった5つの方法

スポンサードリンク

http://www.flickr.com/photos/64632435@N00/2852673645

photo by Ganymedes Costagravas

美容室って、美容師さんからいっぱい話しかけられるから苦手だ、という方は多いようです。オシャレ好きな方はあまり気にしないみたいですけど、ネット住民の方々は美容室の苦手な人、多いんじゃないでしょうか?これって偏見ですか?(笑)

なので、今回は、

「美容師との、会話攻略法(笑)」

についてお話していこうと思います。美容室の人との会話に関しての話を通して、人間関係に必要な「人の悪口を言わない」ということについても触れていきたいと思います。

美容師さんは、お客様の情報を覚えておくのも仕事です。何の仕事をしているのか、好みの髪型は何のか、など。なので、初めてのお客様などには、特に多く話しかけてくる傾向にあるようです。話下手かどうかも、そういう会話の中から判断しようとしているのかもしれません。しかしながら、話下手な人は、そういう性格を察知してもらう前に、美容室に来なくなる、ということが考えられます。

スポンサードリンク

【1】事前に、話下手だということを伝えておく

対策の一つとしては、これが一番王道だと思います。この部分を伝えるのが苦手、という人も多いのでしょうが、事前に伝えておけば、黙々とカットのみに専念してもらうことも可能です。

とある美容師さんにお話しをうかがったところ、

「自分は話すのが苦手だけど、仕事中は仕事と割り切って饒舌になっている。話さないお客様は逆に対応しやすい。話さなくて済むから。」

という話を聞きました。こういう美容師さんもいると分かると、少し安心しませんか? なかなか勇気がいるとは思いますが、話下手だということを、思い切って伝えてみてはいかがでしょうか。

【2】雑誌を黙々と読む

どうしても、話下手ということを自分の口から伝えるのが苦手な人は、話しかけ辛いオーラを全開にする、というのも一つの手だと思います。雑誌を読むことに集中しておけば、美容師さん側にも、”話しかけなくてよい”という言い訳を作ってあげることが出来ます。

もう完全に開き直って、

俺に話しかけるな」アピールをすることで乗り切ってしまうという手もありでしょう。

【3】寝たフリをする

さすがに、寝ているお客様を起こすわけにはいきません。寝たフリは意外と有効です。実際に、フリではなくて、寝てしまうお客様も多いので。
ただ、シャンプー時には起こされます。美容室にもよるのでしょうが、だいたい切る前と切った後の2回くらいは髪をすすぐのでその時は狸寝入りは出来ませんね(笑)

もう鼻っから話さないことを前提で美容室に行ってしまえばいいと思います。

【4】忙しい美容室に行く

美容室にも色々な経営形態があって、小さな美容室は、お客様一人一人との関係を大切にすることで固定客を作ります。なので、なるべく多くの会話をしようとします。しかし、理容室の「1000円カット」のような、流れ作業的に、沢山の顧客を捌き、値段を安くしている美容室も存在します。カットは雑になってしまいますが、そういう美容室では、小細工を使わなくても、会話をしなくて済む可能性が大きいです。

基本的に、大きくて忙しい美容室は、会話が少ない傾向にあるようです。

「それならもう、床屋でよくね?」って思った方。いやいや、「美容室」に行くから意味があるのです! 美容室に行くのはオシャレをする為に行け、と私が言っていると思いますか?

「ネタにする」為に決まっているじゃないですか! 言わせんなよもう、恥ずかしい。

【5】毎回、同じ美容師さんを指名する

人間、親しい人間となら、話していても苦痛にならないものです。なので、手っ取り早く、美容師さんと仲良くなってしまえばいいのです。毎回、同じ美容師さんを指名すれば、自然と仲良くなることが出来ます。気を遣わなくても、自然と会話出来るような関係になってしまえば、話下手な性格など気にする必要がなくなります。

その他には、細かいことを気にしすぎないことですかね。自分達が思っているほど、陰で噂されてり、悪口言われたりしていないと思いますよ。

一部のマナーの悪い美容室は別ですが、基本的に美容室は客商売。お金さえ払ってもらえて、よっぽど毎日お風呂に入っていない、髪を洗っていないなど清潔感の無い方以外は、別に見た目が悪くても話すのが苦手でも悪口は言われないと思います。いや、言う美容室は実際にあるのですが、そんな美容室には行かなければいいのです。その為には事前にネットや友達のクチコミなどで良い美容室を見つけておくことも大切ですね。

「絶対に客に話しかけない美容室」

なんかがあると、それはそれで需要がありそうですね(笑) 誰かやらない? これほんとに。

最後に

美容室に限らず、お店や病院などで自分が悪口を言われているのってなんとなく感じますよね。特に感受性の強い方は感じやすいと思います。私はモロに感じます。そういうお店って、やっぱりお店として失格なのではないでしょうか。お店の従業員さんが客の悪口(よっぽど態度の悪い客に対しては別ですが。)を言うなんて論外ですし、下手をするとそのお店の人は良い人達なのに客がそれを台無しにしていることもあります。

例えば、居酒屋などでお酒が入っているからといって他のお客様に悪態をつく、とかです。お酒が入っているからといって許されるものではありません。

実際、法律上では泥酔状態のことを「心神耗弱」(しんしんこうじゃく)という言葉を使うことがあります。こういう状態の時に起こした不祥事は法律上、無罪になることがあります。

刑法 第39条(心神喪失及び心神耗弱)
1.心神喪失者の行為は、罰しない。
2.心神耗弱者の行為は、その刑を軽減する。

しかし、「お酒を飲むと暴力を振るう癖がある」ということを自分が認識しているのにお酒を飲み、人に暴力を振るってしまった場合、れっきとした「傷害罪」になる可能性が高いです。
(最大判昭26・1・17刑集五-一-二十)※類推適用

それと一緒で、酒癖が悪いのが分かっているのであればお酒をセーブする、ということが必要なはずです。

また、美容室の話に戻りますと、誰しもが人間なのでイライラして悪口を言ってしまうことはあると思います。しかし、それを日常的に行わないようにする、と心がけることも大切なのではないでしょうか。

「以心伝心」

悪口や他人に対しての嫌悪感は言葉に発しなくても伝わるものです。

お店の経営に限らず、普段の人間関係でも人の悪口や批判、汚い言葉はあまり使わないようにしたいものですね。

※余談ですが、私がいつも通っている美容室や居酒屋、その他のお店にはとても楽しませていただいています。気分の悪くなるところへは行かないように私はしているもので。


だいちゃん(∀)

ファッションの基礎が分かる。画像多くて(当たり前だけどw)分かりやすい。

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です