秀才は就職内定が取れるって!? そりゃそうだろ! 就職内定を取れた者だけが秀才だ!!!!

スポンサードリンク

http://www.flickr.com/photos/49707497@N06/5041244703

photo by The Prime Minister’s Office

少しだけ書きたいことがあります。それは、

「大学受験や就活での失敗の苦による自殺」

についてです。

お勉強、お勉強な家庭で育っていない一般の方には自殺する理由が分からない。自殺するくらいなら受験しなければいい、就職しなければいい。

死ぬよりはフリーターをしていたほうがマシだろ、と考えがちだと思います。

しかし、「自殺の理由」はそのような理屈のみで判断出来るものではありません。

スポンサードリンク

頭の良い若者ほど自殺する

高校も大学も一度ドロップアウトしているような私が偉そうに言えることではないかもしれませんが、私は受験などの勉強に対して「冷静」でいられたから逃げることが出来ただけ、だと思っています。

例えば、大学受験。

【自殺考察 第1】


「良い大学に入らなければ、周りの良い大学に入れそうな奴、または入っている人間にいろいろと陰口のようなものを叩かれるのが怖い。」

または、

「良い大学に入らないと親や親戚がうるさい。(特に、身内が医者や弁護士ばかりの家系には多いようです。)」

このような「周りからのプレッシャー」により、大学受験で「過度のプレッシャー」を感じているのだと思います。

そして、そのような環境から逃げることが出来ない為に、自殺してしまうのではないか、と私は思っています。

【自殺考察 第2】

話を戻します。

頭の良い子ほど、今の目先の楽しいことよりも、将来のことをしっかりと考えます。

だから、良い大学に入っていないと良い職業に、給料の良い職業につけない。すると、お金が稼げないから良い生活を送れない為に貧乏に、不幸な人生を送ることになる。

このように考えてしまって、大学受験の失敗=惨めな人生を送らないといけなくなる。

と思い、へんなプライドが邪魔をして、ここでも、周りから色々とバカにされるのを恐れて、もしくはそんな自分自身に絶望してしまって、そこから這い上がる気力を失い、自殺を選ぶ。

【自殺考察 第3】

とにかく、

「勉強しろ勉強しろ。」

というプレッシャーにより、過度のストレスを感じ、本当は逃げ道があるのに周りが見えなくなって自殺をする。

こういう子は、特別に頭の良い学校を狙うわけでも、お金持ちでなくても、とにかくストレスを過度に溜めすぎて自殺をしてしまう。

その為、原因が「大学受験」でなくても、何かストレスを抱え込みすぎるような出来事があれば、このような子は自殺を考えてしまうのかもしれません。

これが、まず「大学受験における自殺」に対する私の考察です。

ヤンキーとガリ勉では価値観が違う

ドフラミンゴ
引用:慎太郎

ワンピースという漫画のキャラクター、「ドンキホーテ・フラミンゴ」はこう言いました。

戦争を知らないガキと平和を知らないガキの価値観は違う。

正義は勝つって? そりゃあそうだろ。

勝者だけが正義だ!!!!

引用元:ONE PIECE 57 (ジャンプコミックス)
「第556話 正義は勝つ!!」

私なりに大学受験に置き換えて解釈します。

受験勉強をまともにしたことが無い子は、受験戦争を知らない、つまり

「戦争を知らないガキ」

そして、小さな頃から勉強ばかりさせられて、中学受験、高校受験、大学受験と常に受験ばかりさせられてきた子は、

「平和を知らないガキ」

だと解釈します。

ここでいう「勝者」とは、古くは明治維新、幕府との戦争を勝ち抜いて勝者となった者達。つまり、政治家です。

そして、今の政治家もまた、東京大学受験などの超難関大学の受験戦争を勝ち抜いてきた「勝者」だと思っています。

つまり、今の学歴社会のようなものは「勝者」である政治家や金持ちが作り上げただけのものです。

実体のない現実です。

大学受験をしたことない人間は、

「なんで大学受験ごときで自殺するのかな?」

と思っているでしょう。自分たちは別に学校のテストの点ですら悪くても気にせずに生きてきたのですから。逆に受験ばかりしてきた子は、

「大学受験には命がかかっているも同然!」

と考えています。だから、時には本当に命を断つ子が現れます。

私には、”命を絶つことは別として”どちらが正しいとは決めかねます。私はどちらも経験してきたので。

学歴がなくても人生楽しく、上手く行っている人間もいる。でも、そこまでに到達するのに物凄い苦労をしている。

学歴があっても世間知らずな為、苦労してきている人間もいる。でも、頭の良さがあるおかげでそれを乗り越えてきている人もいる。

逆に、勉強はあまりしてこなかったけど、友達を大切にしてきたからコミュニケーション能力は高い。だから友達も多い。そういう友達やコミュニケーション能力の高さで人生上手く行っている人もいる。

下手をすると、本当に苦労せずに学歴も良い職も手に入れている人がいる。そういう人が高学歴に多いのもまた現実。

私にはヤンキーからオタク、ガリ勉まで様々な友達がいます。なので、どういう生き方が正しいのかは分かりません。色々な成功例や失敗例を見てきたから。

この辺になると、哲学の世界ですね。答えのないものに、答えを見出そうとする。

ルールは時代と共に変わる

ただ、私のように社会に決められたレールを外れてきた人間からすると、

「世の中の”学歴信仰”というルールの半分は嘘で塗り固められたもの」

だと考えます。

何故、「半分」かといえば、未だに古い学歴社会の面影の残っている業界は多いからです。

・看護師は大卒じゃないと看護師長にはなれません。

・自衛隊員も防衛大学卒じゃないと基本的には幹部になるのは難しいです。

・官僚には学閥という出身大学による派閥があります。東京大学卒じゃないと、出世するのは難しい。

・弁護士になる為には、基本的に(司法試験予備試験を除いて)法科大学院卒者じゃないとなることが出来ない。

・医師免許など、各種国家試験免許も大卒じゃないと取れないものが沢山ある。

このように、就職に限らず、学歴や頭の良さで職業選択の幅、出生などが決まってしまうという現実があります。これこそ、古き「勝者」というジジイ・ババアどもの作ってきたルールなのですがね。

でも、今の時代。下手をすると6次面接まであるような面接を切り抜け、大企業に入ったとしてもその会社が潰れる可能性が昔よりはるかに高い。

破産した者(法人も含む)に債務(返さなければいけないお金)の返済義務は無い。無いもの(お金)を取ることは出来ないからね。

だから、苦労して、自殺まで考えて大学受験に合格をし、同じように自殺を考えながらも就職をし、大企業に入っても、そのあと人生が上手くなんていう保証はどこにもない。

それを切り開いていくのは「運」の要素もあるし「自分次第」なところもある。

その会社がブラック企業で、入ったはいいが、下手をすると給料はフリーターよりは断然にいいが、欝などの色々な精神疾患を抱えてしまう人がいる。

フリーターなんかより地位は良い。

プライドも満たされる。

でも、明らかに不幸な人生を送っている人達もいる。

公務員は軒並み給料を下げられていく時代。

果たして「本当の答え」なんていうものがあるのだろうか。

「新しい社会のルール」

これを若者達で作っていかなければならないのではないだろうか。

大学は就職機関じゃない

誤解されるような書き方はしたが私は、

「大学受験否定派」

ではない。むしろ、もう一度どこかの大学に入り直そうとすら考えているような人間だ。

ただ、それは「学歴」の為ではなく、「純粋に学問を学びたいから」だ。

自分で本を読むことにより独学での勉強は可能だ。でも、大学で仲間達やレベルの高い教授の話を聞くのは、机上での勉強以外に色々と勉強になりそうだと思っている。だからこそ、また大学に通いたいのだ。

女子大生の彼女が欲しいから、とか考えてないからな! …考えてるけど。

どうも、よく話が逸れることで有名な、だいちゃん(∀)です。話を戻します。

今の大学生は、大学で学ぶことよりも、

「就職できるかどうか」

が目的になりすぎてはしないか?確かに就職しないなら大学なんていかねぇよ! とか言われそうだけど。大学ってそれを全ての目標にしてしまっては本来の大学の意義がなくなってしまうんだよね。

それこそ、それは社会が悪いのだけれども。

私なんてのは、ある意味、東京大学の学生なんかよりプライドが下手をすると高い。なんで企業ごときにおべっか使って、圧迫面接を耐えて、お前らに私を、

「選ばせてあげなきゃいけないの」

と考えているような人間だ。性格悪くてごめんね~!

でも、こう考えているから、例え就職で落とされても、

「お前らみたいな企業ごときに俺の良さが分かってたまるか。」

くらいに考えているので落ち込むことがないんだな~。

自営業は簡単ではない

就職活動で悩んでいる子や、今の自分の仕事に不満のある人に対して、

「だったら、自営業でもしろよ。」

と簡単に言う人がいるけれど、自営業だってそんなに甘くない。

でも、何度も自殺を考えて、それを乗り越えてやっと入った企業に潰れられるより、自分で自営業でもして失敗したほうがまだ納得がいくよね。自分の責任だって。

それに、もう色々な著名人が本を出し切ってしまった感はあるけど、年収何千万とか目指さない限り、ネットを使えば低リスクでミドルリターンなビジネスを起こすことは可能だよ。

今、

江から日本海を北へ約60キロ沖にある隠岐諸島の中ノ島、面積約33平方キロメートルの全土が海士という町だ。東京から飛行機、バス、フェリーを乗り継いで約6時間半。松江からのフェリーは1日2便(冬期間は1便!)しかない。人口約2400人、高齢化率39%の典型的な過疎の島だ。

引用:なぜか「勝ち組」若者が移住してくる離島

こういう過疎地に優秀な若者が集まって、ITなんかの知識をフル活用して新しいビジネスを作り出し、島を活性化させている。

無理して大企業に入らなくても、こんなふうに夢をある生き方を模索することって出来ると思うんだ。もちろん、逃げることの出来ない家庭環境の子は除いてね。

最後に

これは私のワガママだと思って聞いて欲しい。

・親や周りの親戚の圧力から逃げることの出来ない受験生や就活生の子。そこから「逃げる」という勇気を出してみてほしい。逃げ出すまでは怖いけど、逃げ切った時の開放感は最高だよ☆

・大学受験や就職活動で失敗したくらいで自分を無能だと思わないでほしい。

「世の中に無能な人間なんていない」

これは綺麗事じゃなくて、本心で思っている。

・大学で学べるなら学んでおいたほうがいい。無駄にはならない。でも自殺を考えるほど重要なことじゃない。世の中には、「大工の棟梁」など、中卒でも人生謳歌している人達は沢山いる。

・都会にいると周りが優秀すぎて自分が無能に見えるんだと思う。きっと大学受験や就職活動で自殺を考えるような子は、田舎にくれば(といっても、人口100万人くらいの都市で充分)きっと君は重宝される人財だ。

あと、おせっかいなことを言うとすれば、勉強ばかりしすぎて小さい頃に遊ばなかった子はEQ(人を思いやる気持ち)が低い子が多いような気がする。それは、ただ心が開くのが苦手なだけで、本当は心優しい奴、私は多いと思ってるけどね。でも、もっと小さな頃から勉強以外のことをして、人ともっと関わっておいたほうがいい。

また長文でまとまりのない感じになってしまったが、私から言えることは。

「年取ったジジイ・ババア共の作り上げたルールに殺されないで欲しい。」

自殺したいと考えるようになって、誰かに話してみて、それでもその気持ちが収まらない。

じゃあ、次は病院に掛かるべきだ。

そして、直ぐに治ればいいけど、1年くらいたっても治らないなら、また別の方法を考えよう。私に連絡をくれたら、ずっとは無理でも少しくらいは話を聞くことは出来るからさ。

勢いで自殺だけはしないで欲しい。優秀な芽を自分たち自身で摘むなんて勿体無いよ。

『就職内定取れたものが秀才だ!!!!』

なんて大人が言っちゃうような、こんな世の中に負けないでね。

では、意見のある方は、はてなブックマークなどの各種コメント欄からご意見お待ちしております。

だいちゃん(∀)

 

元リクルート社員の書いた本。

就職活動という仕組みの大元を作った会社がリクルートだから、就活の裏事情とか分かって面白い。

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です