子供の成績を激的にさげる下げる為の、たった5つの方法

スポンサードリンク

http://www.flickr.com/photos/19232773@N00/8153409485

photo by Kalense Kid

自分の子供の成績を下げたいそこのあなた! そのノウハウを家庭教師をやっている経験からお教えしましょう!

スポンサードリンク

【1】塾に通わせる

まずは塾に通わせて下さい。それも、とっても「キレやすい」、宿題の多い、分厚い問題集を配ったり有名私立の入試問題など、とにかく難しい問題を沢山解かせ、何かあるたびにキレるスパルタ系進学塾のような塾が最適です。授業について行けない子は置いていく、というスタンスで運営している塾だと最高です。

予習をしてこいといい、前やった授業の内容を振り返らずに(復習せずに)どんどん先へと進む塾を選ぶのが秘訣です。

間違ってもアットホームな塾や、優しい先生が個別でついてしまうような塾は避けましょう。楽しく勉強出来てしまう塾なんか最悪です。子供がその塾が楽しい、好きだと言いだしたら危険信号です。例え今は成績が上がっていなかったりしても、長い目で見ると成績が上がってしまう可能性があります。

塾+家庭教師+進研ゼミなどの通信講座、という組み合わせは最強の組み合わせだと思います。これに+して、ほかの習い事や部活まで真剣に取り組ませれば、しっかりと成績は下がってくれます。

【2】教材を沢山買う

とにかく、沢山の教材を買いましょう。家庭教師協会っぽいところから分厚い問題集を買ったり、そういう会社から定期テストの予想問題などを買うのが最適です。

その他にも、本屋さんで見かける参考書を頻繁に買って、とにかく大量に問題を解かせましょう。その際には、間違っても同じ問題集を「繰り返し」解いたりしないで下さい。次から次へと問題集を沢山とかないと、同じ問題集を繰り返し解いてしまったら、特に間違えた問題に印なんか付けてその部分を解けるまで何度も解いて、また同じ問題集を1から解きなおしたりしようものなら、成績が上がってしまう可能性があります。

間違っても、学校の問題集や配られたプリント、教科書や黒板の板書を中心に勉強しないで下さい。定期テストでの成績が短い時間で効率的に上がってしまいます。

あと、薄くて比較的簡単な問題集を繰り返し1問も間違えないようになるくらいの気持ちで勉強するのは辞めましょう。これも、成績を上げてしまう原因になってしまう可能性が高いです。

とにかく、分厚くて難しい参考書を大量に解かせるのが成績を下げる最短の近道です。

【3】母親が口うるさく子供の勉強に干渉する

とにかく、母親が感情的になって子供の勉強に干渉して下さい。とにかく普段から勉強しろ! 勉強しろ! 勉強して有名な大学に入って大企業に就職しろ! と子供の勉強から子供の行動、未来のことまで全て干渉するくらいの気持ちで頑張って下さい。

感情を抑えてはだめです。とにかく感情的になって子供を束縛して下さい。特に、ゲームや漫画、アニメなどを徹底的に禁止にして、外出先も親が制限。特に友達と遊びにいったり、勉強と関係のない経験や娯楽は徹底的に排除して下さい。

成績があがっても絶対に褒めず、下がったときには徹底的に怒って下さい。

部屋に閉じ込めて、勉強以外のことは何もするな、というくらい束縛すると最高です。「あいつとは関わるな」と、遊ぶ友達の種類を親が制限してしまうのも最適な方法でしょう。

とにかく何かあるたびに感情的に怒鳴って下さい。力で抑えつけて下さい。子供の言い分なんか聞かなくてもいいんです。子供の言い分をしっかりと聞いて、感情的にならずにさとし、時には厳しく怒る、そんな見極めをしていたら成績が上がってしまう可能性があります。

【4】子供に勉強の休憩や休日、睡眠を取らせない

学校の10分休み、通学途中、とにかく空いた時間は全て勉強に費やすように指導してください。週に7日、年365日、1日も勉強をしない日を作ってはダメです。とにかく勉強以外のことは何もさせないようにするのです。勉強漬けにしてしまうべきです。

飲み物やお菓子、特にチョコレートなどの甘いものを取りながら勉強していたら、

「行儀が悪い!! やめさな!!」

と怒鳴って下さい。甘いものは脳を働かせるのに必要ですからね。そんなことしてたら頭が働いてしまいます。徹底してご飯とトイレとお風呂や歯磨き以外のゆっくりする時間を削ってしまうのです。

睡眠時間も徹底的に削るべきです。4合5落という言葉を知っていますか? 今、30代半ば~後半くらいの方の受験戦争時代に色々な予備校で使われていた言葉です。4時間睡眠だと合格し、5時間も睡眠をとっていたら落第するぞ、という意味です。睡眠について研究されていない時代の、勉強以外を教えたことの無いような人たちの考えた言葉です。できれば3時間睡眠とかにしてしまいましょう。7時間も睡眠をとっていたら、頭が働くようになって短い時間で集中して覚えることが出来たりするようになるので、効果的ではありません。

【5】とにかく長時間勉強させる

最終的にはこれにつきます。

とにかく、勉強効率など考えずにダラダラと長い時間勉強させて下さい。そして、長い時間勉強したことに対して褒めて下さい。

「長い時間勉強することが偉いことなんだ。」

と思わせることが大切です。

机から全く立たずに、部屋から出てこずに、親との会話なんて時間の無駄だと思うようになり、頭がぼーっとしている日でも、疲れている日でもとにかく長時間毎日勉強するような子になったら完璧です。

勉強効率を考えて、さらに勉強時間を長く取るなんてことをしていたら成績が上がってしまう可能性があります。

上記に掲げた方法を守りつつ、成績が下がれば塾や学校、家庭教師など周りのせいにしてしまうのです。自分の家庭はちゃんとしている、悪くない、と。

そうやって、「逃げ道」を作る方法論でもあります。

どうです? とてもいい方法でしょ?

だいちゃん(∀)

女子高生って付けておけば売れると思いやがって…。ぶっちゃけ、ネタ本。

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です